外壁

ウレタン塗料の特徴とは?相模原の外壁塗装業者が解説します!

外壁塗装についてお悩みのことはありませんか。
「どんな塗料を使えばいいの?」とお考えの方も多いと思います。
そこで今回は、ウレタン塗料の特徴やメリット、デメリットについて相模原の業者が解説します。

□特徴

ウレタン塗料の主成分はウレタン樹脂です。
この樹脂は柔らかく高い密着性を持っているのが特徴です。
そのため、壁の形状にかかわらず高い密着性を保てます。
また、この塗料は色も種類も多く、万能な塗料と言われています。
価格が安いことも特徴の1つで、防汚性、施工面でも優れている塗料です。
ウレタン塗料は水性のものが1種類と油性のものが2種類の計3種類に分けられます。
この種類によって価格や耐久性、使用範囲、性能などが変わります。
最近では、シリコン塗料がスタンダードになってきていますが、今でも根強い人気のある塗料です。

□メリット

*密着性

上記でも説明したように、柔らかいため密着性に優れています。
そのため、木材など時間の経過とともに変形してしまうような素材でも対応できます。
また、万が一下地部分にひび割れが生じてしまった場合でも、塗膜まで影響を及ぼしません。

*光沢

この塗料は光沢を持っています。
そのため、高級感のある仕上がりになります。
色も鮮やかなので、新築のような綺麗な外壁になります。

*メンテナンス

ウレタン塗料はひび割れがしにくく、下地に影響を及ぼしにくいので、メンテナンスがしやすいです。

*耐薬品性

ウレタン塗料は薬品に強いです。
そのため、薬品を取り扱う工場の外壁などによく使用されています。

□デメリット

*耐久性

シリコン塗料の耐用年数は10~12年に対して、ウレタン塗料の耐用年数は6~8年です。
外壁塗装の塗り替えの目安は10年に1度と言われているので、塗り替えが面倒だと思われる方はシリコン塗料の方が良いです。

*毒性

ウレタン塗料はウレタン結合させるときにイソシアネート基と呼ばれる化合物が発生します。
これには強い毒性があり、取り扱いに注意しないといけません。

*変色

近年では改良されていますが、紫外線によって変色することがありました。
紫外線が強すぎると変色することもあるので、環境に応じた塗料を選びましょう。

*光沢保持率

ウレタン塗料は光沢があり、高級感ある外壁に仕上がりますが、光沢保持率が低いです。

□まとめ

ウレタン塗料の特徴やメリット、デメリットについて紹介しました。
ウレタンにはウレタンの良さがあるので、ぜひ参考にしてみてください。
当社は、昭和39年から続く地域密着型の会社で、お客様に満足していただける外壁塗装を行っています。
何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。