リフォーム情報

リフォームで「やっておけばよかった」を防ぐためのポイントをご紹介します!

リフォーム後に「あれもやっておけばよかった」と思いたくないですよね。
再度リフォームを依頼するとなれば、手間だけでなく、さらにコストがかかります。
今回は、そんな後悔を防ぐためのポイントをご紹介します。
リフォームをお考えの方は、是非参考にしてくださいね。

□リフォーム前にやっておけばよかったことについてご紹介します!

まず、商品の確認を怠らないことです。
せっかくのリフォーム後に、使いづらいと思うのは嫌ですよね。

例えば、照明のスイッチです。
タイプによっては、ONとOFFが一目で分かりづらいものもあり、若干不便さを感じることがあります。
外の照明や自動で点くタイプであれば、なお分からないですよね。
用途に応じて自分の要望を伝えれば、こういったことは防げるので、事前の打ち合わせでの確認が重要でしょう。

次に、口頭での説明に気をつけることです。
なかなか伝わりづらい項目は、特に注意が必要ですね。

相手が自分の要望に納得してくれた場合でも、お互いにイメージを完璧に共有できているか分かりませんよね。
口頭ではなく、こちらで簡単に図案などを作れば、設計士に伝わりやすくなります。
同時進行で工事は行われるため、間違えて欲しくない点は何か工夫をしてイメージを共有しるよう心掛け、自分からも動くようにしましょう。

また、リフォームは公募でアイデアを募ることができます。
多くの会社から案をもらえるので、客観的に見直すきっかけになりますね。
サイトを使用することで、実際に足を運ばずともネットで募集することもできます。
よりご家族の予算に寄り添った提案がもらえる可能性があるので、試しに募集する価値はあるのではないでしょうか。

□リフォームでケチって後悔しないためにポイントをご紹介します!

キッチンはリフォーム後にもっとお金をかければよかったという声をよく聞きます。
使用頻度の高いキッチンで失敗すると、より家事に負担がかかります。
思い切り料理を楽しめない原因にもなるので、これではリフォームした意味がありません。

例えば、カウンターの素材をコストダウンしたら、すぐに傷がついたり、汚れが目立ったりといった耐久面に不安なケースがあります。
材質によって耐久面に大きな違いが生じるので、選ぶものによって家事の負担が変わります。
キッチンリフォームにあたっては、機能面でコストを削ることは避け、それとはあまり関係ない部分で予算の帳尻を合わせると良いでしょう。

次に、洗面所のリフォームです。
キッチンや浴槽といった水回りに意識が行くばかり、後回しにされがちな洗面所ですが、これも家事の負担を大きく左右する場所です。
洗面所に洗濯機を設置するご家庭は多くあり、家事で使う頻度も高いでしょう。
予算を削ると使い勝手の悪さから時間が余計にかかるだけでなく、収納面の使いにくさから整理ができない、掃除に手間がかかるといったケースがあります。
後悔しないために、洗濯を楽にする動線をしっかりとイメージした上で、予算を確保しましょう。

もし予算を割くことが難しい場合は、自ら洗面所周りで使用するものを集めることで、全てを頼むよりもコストが抑えられるでしょう。
そういった工夫をすれば、予算に近い形で機能性・デザイン性を選び実現できるので、快適な洗面所作りのために意識できるといいですね。

床のリフォームで後悔する場合も多くあります。
設備面に予算を割くと、安めのフローリング材を選び、床材でコストカットを図ろうとします。
しかし、これでは部屋全体が安っぽく見えるだけでなく、感触が悪くなったり、掃除の手間がかかるといったリスクが考えられます。

例えば、高価でおしゃれな家具を置いたとしても、安価な床であれば、それと相まって残念な印象を与えてしまう危険性があります。
小さなお子様がいるご家庭やペットを飼っている場合、足を滑らせる原因になるだけでなく、関節にも影響を及ぼすことがあります。
床が生活に与える影響は大きいので、快適な暮らしの実現のためにも予算をかけたい場所ではあるでしょう。
重視するポイントはそれぞれなので、家族のライフスタイルにあったものを選べるといいですね。

予算をかけられる場合は、床暖房の導入をオススメします。
床暖房は足元だけ温めるイメージがありますが、壁や天井に熱が反射することで部屋全体を温める効果があり、空調設備よりも空気をきれいに保った状態で温めてくれます。

エアコンなどで喉を痛めたり、肌の乾燥が気になる方はそんな心配もなくなりますね。
フローリングのリフォームが終わった後に床暖房をつけたいと思っても、全てやり直す必要があるので、その分手間がかかります。
暮らしの満足度アップに関わるものなので、検討していただくと良いでしょう。

□まとめ

リフォームでの後悔を防ぐためのポイントをご紹介しました。
快適な暮らしのためにも、失敗例を考慮した上でリフォームの計画を立てられると良いですね。
当社は、相模原市のお客様に限定することで、お値打ちで高品質なリフォームを実現しています。
相模原市でリフォームをお考えの方は、ぜひご相談ください。