外壁

外壁塗装の塗料選びのポイントは?

「家を買ってから20年経ったけど、外壁が劣化してきた」
「塗装をする予定だけど、どんな塗料を選んだらいいのか分からない」
外壁がそろそろ劣化してきたという方は、外壁工事をしませんか?
塗料は、どのようなものが使われるのでしょうか。
今回は、外壁塗装に使われる塗料を選ぶポイントをご紹介します。

 

□外壁塗装に使われる塗料

外壁塗装には、さまざまな塗料の種類があります。
その塗料は、耐用年数や価格などで選ばれます。

 

*迷った時

家の外壁をどれにしようか迷った時は、「シリコン系塗料」を選びましょう。
この塗料は、価格も高すぎず、対応年数も高い人気の塗料です。
最もスタンダードであり、選ばれ続けています。

 

*価格を安くしたい時

とにかくかかる値段を安くしたいという時は、「アクリル系塗料」を選びましょう。
塗料のなかでも最も安いものとして扱われていて、安いもので1缶5000円のものからあります。
しかし、耐用年数は3~5年と短いため、すぐに塗り替え工事をしなければいけません。

 

*雨漏りが気になる場合

水が溜まりやすく、雨漏りしてしまっている箇所があるのならば、防水機能がある塗料を選ぶことをおすすめします。
伸縮性がある防水塗料を使うことで、ひび割れを防ぐこともできます。

 

*耐用年数を長くしたい

値段は高くても、耐用年数が長い塗料を選びたいという方は、「フッ素系塗料」を選びましょう。
耐用年数は15~20年と、塗料の種類の中でも最も長く、塗り替え工事の必要性もしばらくありません。
水汚れや、紫外線にも強いです。
しかし、値段は高くなってしまうことが多いので、予算が合えば使うようにしましょう。

 

*汚れをつきにくくしたい場合

汚れが気になるという方は、「低帯電性」のあるものを選びましょう。
外壁にできる汚れの原因は電気からきています。
電気は、汚れをキャッチしやすいのです。
そのため、静電気が少ない低帯電性の塗料を使うと、汚れが付着しにくくなるのです。

 

*希望を業者に伝える

外壁塗装の際の希望を、業者に伝えてみましょう。
業者はそれぞれの塗料の特徴を知っているので、それに合った塗料を紹介してくれるはずです。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装に使われる塗料を選ぶポイントをご紹介しました。
外壁塗装に使われる塗料には、さまざまなものがあります。
お家に合う塗料を業者と一緒に選びましょう。
当社は、相模原市を中心に外壁塗装工事を行っているリフォーム会社です。
ご用のある方は、ぜひ一度お問合せください。