リフォーム情報

相撲原でリフォームを検討中方へ!挨拶について解説します!

 
相撲原で、リフォームをお考えの方の方はいらっしゃいませんか。
リフォームを実施する時は、近隣の方へ挨拶をすることが大切です。
そこで、この記事では、リフォームを実施する時に挨拶を行ったほうがいい理由と、一週間前に挨拶が必要である理由についてご紹介します。
参考にしていただければ幸いです。
 

□リフォームをする時に挨拶が必要な理由をご紹介!

 
リフォームの際には、事前に近隣の住民の方々へ挨拶を行っておくことが大切です。
しかし、なぜ挨拶が必要なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、リフォーム前に挨拶が必要である4つの理由についてご説明します。
 
1つ目は、隣人トラブルが発生しないようにするためです。
リフォームは家の外のことではなく、家の中で行うため、問題ないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、家の中であったとしても、近所の人にとっては騒音や迷惑になりかねません。
そのため、周囲に迷惑になりそうな場合は事前にお伝えすると、近隣住民とのいざこざを回避できるでしょう。
 
2つ目は、リフォームをする時、業者の車が駐車することを理解していただけるからです。
過去に、業者の車の駐車が原因で、トラブルに発展した事例があります。
背景として、隣人の方への事前の挨拶がなく、リフォーム業者の車という認識ができていなかったということが挙げられます。
そのため、リフォームを実施する時は、業者の駐車によって、隣人の方が不便にならないかどうか検討する必要があるでしょう。
 
3つ目は、事前に伝えることにより、騒音トラブルにならないように対処できるからです。
リフォームを行う前に、事前の挨拶を行うことにより、騒音トラブルを回避できるでしょう。
過去の事例として、リフォーム工事の際に発生する騒音が原因で近隣住民とのトラブルに発展してしまったケースがあります。
 
そのようなトラブルを防ぐためにも、事前に近隣住民の方に、リフォームを実施することを事前に伝達することにより、リフォーム中の騒音をご理解してくださるでしょう。
事前の挨拶があるかどうかで、気持ちの持ちようが大きく異なりますよね。
 
4つ目は、近隣住民の方へ挨拶を行うことで、トラブルを未然に防げるからです。
リフォームの種類に関係なく、挨拶をすることによって、防げるトラブルはたくさんあるでしょう。
例えば、挨拶をしない場合、工事の際に発生してしまったホコリに敏感の方や、塗装の匂いが苦手な方、また工事車両の駐車が邪魔で動けない時など、多少のことでトラブルが発生してしまうケースがあります。
また、近隣住民に対する挨拶は、リフォームの場合に限らず、DIYや外壁塗装の時でも騒音が気になるレベルでしたら、挨拶したほうがトラブル回避に繋がるため、ぜひ参考にしてみてください。
 

□挨拶は工事日の一週間前がおすすめ!

 
挨拶は、近隣住民の方の都合を考慮して、工事の始める一週間前が効果的です。
そこで、気を付けてほしいことが、挨拶に行くときの曜日です。
できるだけ忙しい方が多い平日は避け、土日の午前中に挨拶に行くことを推奨します。
 
なかには、都合がなかなか合わず、訪問した際に留守の方もいらっしゃいますよね。
その場合は、手紙をポストに入れるなど、別途対策を考えましょう。
また、工事の時に騒音が激しい日や、ホコリが発生すると予測される日、またリフォーム業者の車両を停める位置なども、確認しておくといいでしょう。
他にも、1日や2日で終了するような工事でしたら、挨拶のみで大丈夫かもしれません。
 
しかし、工事期間が長く、大掛かりな工事やリフォームを行う場合でしたら、手土産を持って挨拶にいくといいでしょう。
手土産の内容としては、菓子折りやタオル、または洗剤などの日常的に使えるもので、だいたい1000円ぐらいの価格帯のものを購入するといいですよ。
リフォーム業者の中には、工程表と同時に粗品を準備している場合があるので、業者の方と相談しながら決定することを推奨します。
 

□挨拶は業者任せにしないことを推奨します!

 
リフォームの挨拶は、業者も行いますが、業者任せにせずご自身でも行った方が、トラブルに発展せずに済むでしょう。
業者の方は、挨拶に出向いたものの、リフォームを頼んだ方が挨拶に行かなかったことにより、トラブルになってしまった事例があります。
 
また、挨拶のチェックポイントとしては、業者よりも事前に挨拶を済ますといいでしょう。
背景としては、住民同士では言いづらいことがある場合や、挨拶に行ったときに「何かあれば後から来る業者に言ってください」と一言添えるだけで、近隣住民の方にとっても、業者に直接伝達することが可能ですよね。
そうすることで、双方が安心して工事の日を迎えられるでしょう。
 

□まとめ

 
今回はリフォームを実施する際に挨拶が必要な理由と、一週間前に挨拶が必要である理由についてご紹介しました。
内容はご理解いただけましたか。
当社では、アフターフォローの徹底を行っており、工事の引渡しが終わってからが本当のお付き合いの始まりです。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. サイディング外壁シーリング打ち替え工事 H様邸

  2. 気になっていた箇所

  3. せっかくなので変わった色で!

  4. 鉄骨塗装作業 手塗り