外壁

相撲原で外壁塗装をするために!雨での施工について説明します!

「雨の際の外壁塗装って可能なの」
このように疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
なかなか経験することの少ない外壁塗装についてご存知の方は少ないでしょう。
そこで、今回は雨天時の外壁塗装について説明します。
相撲原に在住の方はぜひご覧ください。

□雨の日に外壁塗装ができない理由とは

雨の日に外壁塗装の作業はできないと聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「小雨なら作業をしても大丈夫なのでは」、「まさか、工事の期間を延ばそうとしているのか」
このように感じる方も多いでしょう。
しかし、雨の日に外壁塗装ができないのには理由があります。
以下で見ていきましょう。

1つ目は塗料が流れる可能性があるからです。
外壁に塗料を塗り、しっかりと乾いた状態であれば、塗料が流れることはありません。
しかし、塗料が乾ききる前に雨が降ると、その分、雨だれを起こしやすくなります。

雨だれを起こした外壁は塗料の量が均一でなくなるため、ムラができます。
すると、外壁の一部分だけ塗料の効果が薄くなります。
本来であれば、住宅を守る防水効果があったり紫外線対策があったりしますが、それらがなくなるでしょう。

2つ目は施工不良を起こすからです。
塗料は余計な水分が混ざった状態で使用すると、乾燥時に空間が生じるでしょう。
使用時に業者が塗料に液体を混ぜる場合があります。
しかし、それは必要な過程のため、心配する必要はありません。

余分な水分によってできた空間は後に塗膜の破れに繋がります。
この破れが起こった部分から住宅の劣化が進みます。
すると、外壁にひび割れや塗膜の剥離が起こるでしょう。

3つ目は塗装の仕上がりが悪くなるからです。
外壁塗装の目的の1つに住宅の外観を良くすることが挙げられます。
しかし、雨の降る中で行われた工事では見た目に影響を及ぼすでしょう。

上記で述べた雨だれは外観にも関係があります。
雨だれができると、外壁上にスジが残ります。
遠くで見る場合、あまり違いには気づかないでしょう。
しかし、住宅を近くから見ると気になります。

さらに、雨だれができると外壁に凹凸ができます。
すると、光が通常と違う反射の仕方をし、本来なら感じられたツヤが出ないでしょう。

□雨天時の外壁塗装についての疑問

上記では雨天時に外壁塗装ができない理由について説明しました。
業者もお金を稼ぐために作業を中止するのではなく、塗料の効果をより良くするために作業をしないことがお分かりいただけたでしょう。
「しかし、雨のときに外壁塗装ができないことに不安がある」
このような心配を抱く方もいらっしゃると思います。
そこで、よく耳にする疑問への回答を見ていきましょう。

1つ目の疑問は雨が降ると工期はどうなるのかです。
雨が降ると大半の作業ができなくなります。
そのため、予定より作業が遅れる場合があるでしょう。
工期が延びることが嫌な方は雨の多い梅雨の時期に塗装をお願いしないことをおすすめします。

2つ目の疑問は雨のせいで工事期間が延長した場合、料金はどうなるのかです。
工事を依頼する際、工事の期間が定められます。
雨が続いたことでその工期が延びそうになった場合、追加料金が発生するのか気になる方も多いのではないでしょうか。

雨による工期の延長に追加料金がかかることはないでしょう。
予定を組む際、業者は雨の影響も加味している場合が多いため、想定内であることがほとんどです。
追加料金がかかる条件は、壁以外にもベランダや屋根の塗装を追加する場合や、塗料のグレードを上げる場合などが挙げられます。

□外壁塗装が適したタイミングとは

「雨の少ない時期に外壁塗装を依頼したい」、「外壁塗装に適したタイミングはあるのか」
上記を読んでこのように感じた方もいらっしゃると思います。
外壁塗装に適したタイミングとはいつなのでしょうか。

まず、外壁塗装ができない条件が「気温が5度以下または、湿度が85パーセント以上」と「結露や夜露が発生する恐れがある」の2つです。
これらの条件に当てはまる真冬や真夏は作業が思ったように進まないでしょう。
真冬は気温の問題をクリアすることが難しく、雪の多い地域なら降水量が増えるため、工事ができない場合が多いです。
真夏の場合、気温は高いものの、湿度も高くなるため、日を選びます。

また、梅雨の時期は雨が多いため、適していません。
晴れていても湿度は高い場合が多いため、早急に外壁塗装をする必要がない場合は梅雨の時期を避けることをおすすめします。

そのため、外壁塗装に向いているのは春や秋と言えます。
比較的気温や湿度も安定しています。
しかし、どの時期でも突然雨が降り出したり雨の日が続いたりする可能性はあることに注意してください。

□まとめ

今回は雨天時の外壁塗装ができない理由と外壁塗装をするにあたって適したタイミングを説明しました。
住宅自体や外観を守るために行う外壁塗装は雨によって効果が薄れることがお分かりいただけたと思います。
相撲原で外壁塗装を検討している方は一度当社にご連絡ください。
皆様からのお問い合せを心からお待ちしております。