外壁

相模原にお住まいの方へ|DIYで外壁塗装は難しい?失敗例をご紹介

「最近外壁の劣化が目立ち始めた」
「外壁の手入れはどうしたらいいのだろうか」
このようなお悩みはお持ちではないでしょうか?
外壁は家の見栄えを良くしてくれるのと同時に、建物本体を雨風雪、直射日光から保護しています。
そのため、痛みや劣化が目立つようになると塗装の塗り直しなどの対応が必要になります。
たいていの場合は業者に依頼するのですが、もちろん費用がかかりますよね。
そのため自分で安く簡単に済ますためにDIYを考えている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、外壁塗装は果たしてDIYで行えるのか、その注意点や失敗例をご紹介します。

□外壁塗装のDIYの失敗

*仕上がりが悪い

まずは、仕上がりの面では当然プロの業者よりも劣ってしまいます。
業者は経験も豊富で技術や専用の道具なども持っています。
外壁と家の第一印象を決める大事なものなのできちんと仕上がったほうがいいですよね。

*時間がかかる

外壁塗装は多くの工程を要します。
まずは外壁の汚れやカビ、コケなどを洗浄します。
そのあとに、塗料が飛び散って汚れないようにビニールやテープを使用して周りを覆う養生を行います。
そのあとは下地処理です。

ひび割れなどをなくすように処理をして外壁をなるべく平らにしていきます。
この後にようやく塗料を塗り始めることができます。
塗装でも下塗り、中塗り、上塗りといった3段階の工程があります。
下塗りは外壁と中塗り、上塗り塗料がきちんと密着するために塗るものです。
中塗り、上塗りで最後の仕上げをしていきます。
それぞれ塗料が乾燥するまで待ってから塗装する必要があります。

このように、外壁塗装は工程が多く時間がかかります。
業者に依頼すると2週間ほどで完成するとことが、自力でやるとなると3か月もかかってしまう場合もあるようです。

*危ない

外壁塗装は高いところを塗装する必要もあるのでハシゴなどを使用すると思いますが、ハシゴから落下してケガしてしまうことがよくあります。

*塗料選びを間違える

業者は今までの経験、知識などを活用してピッタリの塗料を提案します。
しかし、自力で行うとなると自分で調べながら選ばなければいけません。
もし、失敗してしまうと結局業者に依頼することになって、余計な費用が掛かってしまいます。

□最後に

今回は外壁塗装のDIYについてご紹介しました。
やはり短期的な費用面ではメリットがあるものの、その分メンテナンスを行う回数が増えたり、すぐにやり直す必要があったりとデメリットも目立ちます。
そのため、信頼できる優良企業を見つけて業者に依頼する方が得策と言えるでしょう。