外壁

相模原の外壁リフォームのプロが解説!ひび割れを放置すると危険な理由

「外壁のひび割れが気になるけど塗装を依頼するのは面倒だな。」
「家の外壁にひびがあるけどこのままでいいのかな?」
このように、家の外壁のひび割れを放置している方が多くいらっしゃると思います。
小さなひび割れくらいだったら放っておいても大丈夫に思えますよね。
しかし、ひび割れを放置すると様々な問題が発生する可能性があり、危険です。
そこで今回は、外壁塗装の専門家が外壁のひび割れを放置してはいけない理由について詳しく解説します。

 

□ひび割れを放置してはいけない理由とは

家は外壁塗装があることによって、日光や雨風などから守られています。
地震のような大きな自然災害がなかったとしても、外壁は常に外気にさらされているため、年々劣化していってしまいます。
この劣化が積み重なると、塗装が剥がれ、家の中に外気や水が浸入してきます。
こうなると、家を支えている木材やコンクリート、鉄筋などの土台部分が侵されてしまいます。
これによって、シロアリの発生、シミや雨漏り、地震での倒壊などのような問題が発生します。

 

□相模原の塗装会社がオススメする外壁リフォームの目安

自宅の外壁が以下のような状態になっていれば外壁リフォームを検討しましょう。

*ひび割れ

ひび割れの中にも浅いものと深いものがあります。
深さが1ミリメートル以上の場合は外から水や虫が入りやすくなるため要注意です。
外壁にひび割れや破損を見つけたら、深さに関わらずリフォームを検討しましょう。

*チョーキング

ひび割れ以外にも見るべきポイントがあります。
それがチョーキングと呼ばれる現象です。
これは、塗装が剥がれた結果、壁を触ると白い粉が手につく現象です。
チョーキングは塗装が劣化している証拠なので、確認したらすぐに工事を行いましょう。

 

□業者選び

外壁にひび割れを見つけたら業者にリフォームしてもらいましょう。
業者を選ぶポイントとしては、ひび割れの施工実績があり、実際に家を調査して丁寧にプランを立ててくれるところがおすすめです。
また、サービス内容や塗装費用が適切なものなのかを判断するために、1つだけではなく他の会社とも比較しましょう。

 

□まとめ

今回は、外壁のひび割れを放置してはいけない理由を解説しました。
住宅の価値を保ち続けるためには定期的なメンテナンスが不可欠です。
少なくとも10年に一度は外壁をチェックしましょう。
当社では、外壁塗装や屋根塗装についてのご相談を随時受け付けています。
外壁塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

最近の記事

  1. 創業60周年を記念した感謝祭イベントを開催しました!

  2. 木を基調とした内装リフォーム事例~自然素材で癒される空間作り~

  3. 快適なトイレ空間を実現!内窓をリフォームした事例のご紹介

  4. 心地よい夏を迎える準備!新規の網戸施工の事例をご紹介