外壁

相模原の外壁塗装業者が紹介!家の壁は憧れの濃い色にしたい!

「紺や黒などの暗い色の壁にしたい!」
「暗い色の壁にしたらご近所からの評判が悪くなる?」
このように考えている方はいらっしゃいませんか?
白や茶色のような明るめの外壁が多いなか、暗い色の外壁はどう映るのか気になりますよね。
そこで今回は、濃い色で外壁塗装をするメリットとデメリットについてお話しします。

□濃い色の壁にするメリット

*クールで高級な印象に!

濃い色の外壁というと、グレーやネイビー、ブラウンの深い色が多いですよね。
そのような色にはモダンで都会的なイメージがあり、クールな印象や高級な印象を与えることができます。
また、明るい色の家の方が比較的多いため、ハイセンスだと思われるかもしれません。

*憧れの色に!

ずっと濃い色の壁にしたいと考えていたりする方は、自分が憧れていた色の家に住める幸せを感じることができますよね。

 

□濃い色の壁にするデメリット

*汚れは意外に白い!

一見、濃い色の家は汚れが目立ちにくいと思われがちなものの、実はそんなことはありません。
家につく汚れとは、雨で飛び散った泥や砂がほとんどです。
それらの色は、濃い色の壁よりも明るく薄いことが多いのです。
乾いた砂の色を想像したらわかりますよね。
そのため、ベージュやオークルの壁の方が、汚れが目立ちにくいのです。
あまり濃い色にしすぎると汚れが目立ちすぎるという問題が発生する場合があります。

 

*色褪せがわかりやすい

濃い色は、塗りたてのはっきりとした色彩がとてもきれいな分、数年たって劣化したときの色褪せが目立ちやすいです。
ベージュなどの薄い色の壁はもともとの色がぼやけているので、劣化していても目立ちません。

*周りの家とミスマッチ?

まわりの家が薄めなトーンで統一されている住宅街に、突然真っ黒な家が建つとどうでしょう。
ご近所付き合いも大切な今日この頃、これからの生活に支障をきたす恐れが充分にありますよね。
ある程度常識を持って、家を建てる地域の周りの住宅との調和を大切にすることも重要です。
濃いブラウンやグレー、ネイビーは落ち着いた雰囲気も残しつつ他の家とは少し違った印象にできるのでおすすめです。

□まとめ

以上、家の壁を濃い色で外壁塗装するメリットとデメリットについてお話ししました。
真っ黒や真っ青など、インパクトが強い色にするのは難易度が高いかもしれません。
しかし、落ち着いていてモダンな雰囲気の色の壁はとてもおしゃれですよね。
汚れや劣化の面も考慮して、希望の外壁塗装について検討してみてはいかがでしょうか。

相模原市の外壁塗装会社リ・フォーユーでは心を込めた塗装工事を行っております。
無料の診断やお見積もりも承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. 創業60周年を記念した感謝祭イベントを開催しました!

  2. 木を基調とした内装リフォーム事例~自然素材で癒される空間作り~

  3. 快適なトイレ空間を実現!内窓をリフォームした事例のご紹介

  4. 心地よい夏を迎える準備!新規の網戸施工の事例をご紹介