外壁

相模原市で外壁塗装をする際の流れをご紹介!見積もりの取り方やその後の流れは?

外壁塗装は大きな買い物ですが、そう何度も行うことは少ないので、情報に触れる機会が少なく、相場や業者の良し悪し、スケジュールが分からないですよね。
業者の評判や実態は、ネットでの情報では限りがあるため、実際の評判を集めることでより信憑性が増します。
しかし、今回は業者選びの際に知っていてほしい外壁塗装の見積もりの取り方やその後の流れをご紹介します。

 

□見積もりの取り方

外壁塗装の業者選びの際に、その業者の良し悪しを一目で判断できることが見積もりです。
内訳の表記の仕方や金額設定など見積書に記載されていることからだけでも、その業者が信頼できるかどうか判断できます。
そのため、いくつかの業者から見積もりを取り寄せて比較して検討することをおすすめします。
複数から見積もりを取った後に、金額だけで判断しないように気を付けましょう。
注目するのは、塗料や建材、人件費などが詳細に記載されているかどうかの内容です。
「一式」とまとめて記載されている際は詳細を確認し、明らかにしてもらえない場合は、その業者を慎重に検討する必要があります。
見積もりをしてもらう業者を選ぶ方法としては、地元の塗装業者を口コミで探すとともに、ネットで評判も確認してみるとよいでしょう。
一般的には、その業者のホームページに電話・メールやアンケート方式で見積もりを依頼することができます。

 

□外壁塗装の流れ

外壁塗装の工期は、目安として10日~2週間程度です。
天候にも左右されますが、通常塗料を塗ってから乾燥時間を設ける必要があるため、一日一工程しかできない場合があります。
この乾燥時間を守らないと仕上がりに不具合が生じる可能性があるのです。
外壁塗装が完了するまでの流れは、おおまかに以下のようになっています。

1. 足場設置
2. 高圧洗浄
3. 下地処理・補修
4. 養生
5. 下塗り
6. 中塗り
7. 上塗り
8. 仕上がりチェック
9. 足場ばらしおよび清掃

2番目の高圧洗浄は、塗料を塗る部分の汚れやコケを水で落とし、塗料が後々剥がれることがないように、表面をきれいにします。
3番目の補修では、建物を守るための外壁が、その能力を最大限に発揮できるように亀裂や腐食を修理し整えます。
塗装工程では、外壁塗装は3度塗りが基本であり、下塗りは塗料が塗装面にしっかりと接着するように下塗り材を塗ります。
中塗りと上塗りは同じ色の塗料を2回に分けて重ね塗りすることで、塗膜に厚みを持たせて、厳しい環境から建物を守ることができるように仕上げます。

 

□まとめ

外壁塗装はおうちの外観のためだけでなく、建物を守るためのメンテナンスとして必ず必要な工事です。
新築のようなピカピカなおうちとご対面してもらうために誠心誠意取り組んでくれる信頼できる業者選びが大切です。
相模原市を中心として神奈川、東京で外壁塗装を検討中の方は、地域密着型の自社職人がいる「リ・フォーユー」で無料お見積もりをしてみてはいかがでしょうか。