キッチン

キッチンメーカーの選び方とは?特徴についてもご紹介します!

「キッチンメーカーの選び方について知りたい」
「キッチンの特徴について知りたい」
相模原市周辺でこのようにお考えの方は、いらっしゃいませんか。

キッチンやキッチンメーカーを選ぶ際は、後悔しないように選ぶ際のポイントについても知っておきたいですよね。
そこで今回は、システムキッチン、選び方、選び方のポイント、キッチンメーカーの4つについてご紹介します。
後悔しないためのポイントについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

□システムキッチンとは

システムキッチンとは、シンク、調理台、コンロ、収納が繋ぎ目なく一体化しているキッチンです。
欧米のビルトインキッチンを参考にして、日本の住宅でも使いやすいように開発されました。
昭和40年代後半から50年代前半に登場し、一般家庭に普及していきました。

特徴としては、部材の形で持ち込んでその場で組み合わせるキッチンであることです。
従来のキッチンは、流し台や調理台が完成した状態で、現場に持ち込んで組み立てられていました。
システムキッチンは、収納スペースが最大限に活かされること、繋ぎ目がないことがメリットとして挙げられるでしょう。

また、各メーカーによって使い勝手やデザインが異なります。
住宅に馴染むように開発されているので、ますますおしゃれなキッチンが増えていますよ。
掃除がしやすくなっているので衛生面や美観を保ちやすくなっているといえます。

 

□システムキッチンの選び方について

ここからは、選び方についてご紹介します。
システムキッチンの選び方には、3つのステップがあります。

まずは、レイアウトを選びましょう。
キッチンのスタイルには、オープンであれば、壁付タイプと対面タイプ、セミオープン、クローズドタイプ、アイランドタイプがあります。
ここでは、壁付タイプと対面タイプについてご紹介します。

壁付タイプは、キッチンセットの全面に壁、背面にダイニングがあるキッチンです。
ダイニングと一体化しているため、キッチンが明るく、配膳がスムーズに行えたり調理に集中できたりするメリットが挙げられますよ。

一方で、散らかっていると目についたり、食器棚を置くスペースに困ったりするデメリットも挙げられるので覚えておきましょう。
スペースに余裕はないけれど、システムキッチンを導入したい方、キッチンとダイニングをスムーズに行き来したい方におすすめのキッチンといえるでしょう。

対面タイプは、リビングやダイニングを向いて調理するキッチンです。
シンク上がフルオープンになっていて、最近人気のタイプですよ。
家族とコミュニケーションできること、食器棚や冷蔵庫などのスペースの確保がしやすいことがメリットとして挙げられます。

一方で、広いスペースが必要になったり調理と配膳の動線が長いのでスムーズに配膳できなかったりすることがデメリットとして挙げられるので覚えておきましょう。
スペースに余裕があり、おしゃれなキッチンにしたい方、小さなお子様から目が離せない方におすすめのキッチンといえるでしょう。
キッチンの形状は、I型、II型、L型、U型があります。

I型は、一直線のスタンダードな形状のキッチンです。
II型は、シンクと切ったり下ごしらえをしたり場所とコンロが別々になったキッチンです。
L型は、ガス、レンジの部分が直角に折れていて、I型についで多いレイアウトといえるでしょう。
U型は、カウンター、冷蔵庫、シンク、コンロが調理する人を囲むような配置のキッチンです。

それぞれご家庭のご要望に合わせてキッチンのスタイルと形状を合わせると良いでしょう。

次に、間口、奥行き、高さの寸法を選びましょう。
間口とは、キッチンの幅のことを示します。
15センチメートル単位で規格されている製品が主なので、ご家庭のスペースに合わせて長さを選びましょう。

奥行きは、65センチメートルが一般的ですが、60センチメートル、70センチメートルなども奥行きを選べるので作業しやすいスペースを確保しましょう。
高さは、自分の身長を2で割って5センチメートル足した高さが最適な高さとされています。
あくまで目安なので使いやすい高さを選びましょう。

また、通路のスペースの確保も必要です。
通路のスペースの確保として、80センチメートルあるとストレスを感じずに作業ができますよ。

最後に、ワークトップや扉の素材を選びましょう。
ワークトップカウンターの素材は、耐久性、耐汚性、耐衝撃性、強度、耐久性の5つが主に求められています。
主に使われる素材は、ステンレス、人工大理石、天然石、タイルです。
どの素材が使いやすいかをしっかり吟味しましょう。

 

□システムキッチンを選ぶ際のポイントとは

ここからは、ポイントについてご紹介します。
抑えておきたいポイントは、価格帯、機能性、デザイン性の3つです。

まずは、価格帯についてご紹介します。
キッチンの価格帯についてイメージは湧くでしょうか。
きちんと予算を組んでからリフォームを行うことが重要です。
スタンダードグレードであれば、約50万円から約90万円、ミドルグレードであれば、約70万円から100万円、ハイグレードであれば、約100万円から150万円です。

価格は、オプションをつけると高くなり、シンプルなものほど安くなります。
予算を目安に自分たちの希望のキッチンを探しましょう。

次に、機能性についてご紹介します。
キッチンの機能性が悪いと、せっかくリフォームしても後悔してしまいますよね。
機能性で重要なことは、掃除のしやすさ、収納力、省エネ性、耐久性の4つが挙げられます。
これらのポイントでどれを重要視するのか決めておくと選びやすくなりますよ。

最後に、デザイン性についてです。
見た目とともに、デザイン性についても考慮すると良いでしょう。
最低限機能していればデザインにこだわらない方もいらっしゃるでしょう。
デザインをどこまでこだわるかは、好みによって異なるので自由です。

 

□システムキッチンメーカーについて

ここからは、システムキッチンメーカーについてご紹介します。

1つ目は、TOTOのシステムキッチンの特徴についてです。
TOTOは水回りの設備に強いメーカーです。
節水しながらシンクを清潔に保つための機能が充実していることが特徴として挙げられます。
ゴミが溜まりにくいシンクや節水効果がある水栓が、面倒なシンクの掃除を楽にしてくれるでしょう。

2つ目は、LIXILのシステムキッチンの特徴についてです。
LIXILは、使いやすさとデザイン性に定評があります。
よごれんフード、ひろびろシャワーなどのキッチン周りのお手入れを楽にする機能が充実していることが特徴として挙げられるでしょう。

3つ目は、パナソニックのシステムキッチンの特徴についてです。
パナソニックは、料理のしやすさを追求した機能性の高さが特徴としてあげられます。
忙しくてお手入れできない方でも、キッチンをきれいに保てる機能が充実していますよ。

4つ目は、クリナップのシステムキッチンの特徴についてです。
高品質なステンレスを採用したキッチンが多く、耐久性が高いことが特徴として挙げられるでしょう。
また、長持ちする機能が充実しています。
キッチンの内部までステンレスが採用されているので湿気に強く耐久性が高いといえます。
日々のお手入れが楽になることも人気の理由として挙げられますよ。

5つ目は、タカラスタンダードのシステムキッチンについてです。
タカラスタンダードのシステムキッチンは、あらゆる箇所にホーローを使用していることが特徴として挙げられるでしょう。
ホーローは、汚れや湿気に強く、臭いもつきにくい特徴があります。
収納スペースやレンジフードにも使用しているので、汚れてもすぐに拭き取れますよ。

また、家事らくシンクには、さまざまな機能が充実しています。
料理の時短につながり、効率的に準備ができるのでストレスが軽減されるでしょう。

6つ目は、トクラスのシステムキッチンの特徴についてです。
トクラスオリジナルの、クランストンがおすすめです。
お手入れができる人造大理石のカウンターで熱や衝撃に強いことが特徴として挙げられるでしょう。
うっかり熱いフライパンをそのまま置いても焦る必要はありません。

ハイバックカウンターもおすすめです。
ハイバックカウンターは、カウンター奥のバックガードが高いという特徴が挙げられます。
一般的に、カビやホコリのお手入れが大変ですが、このカウンターは汚れが溜まりにくいのできれいな状態を保てますよ。

 

□後悔しないためのポイントとは

1つ目は、優先順位を明確にしておくことです。
ご家庭によって何を重視するのか変わりますよね。
機能性を重視するのか、デザイン性を重視するのかなど優先したいものを決めておきましょう。

2つ目は、商品の特徴を理解しておくことです。
その商品や、キッチンメーカーの特徴について理解しておくと、キッチン選びやリフォームがしやすくなります。
その商品の注意点や機器などもそれぞれ異なりますよね。
そのため、理解しておくと良いでしょう。

3つ目は、実際に操作してみることです。
次際に操作して、比較すると、使いづらかったという後悔が防げるでしょう。
ショールームでは、そのキッチンがあるときの空間がイメージしやすいのでおすすめですよ。

4つ目は、将来のご家庭のイメージをしておくことです。
現在のライフスタイルだけではなく、将来のライフスタイルも考慮しておくと良いでしょう。
不具合が約10年で出てくるとすると、それに合わせて、必要な設備や使いやすさ、レイアウトを考えましょう。

□まとめ

今回は、相模原市周辺でキッチンメーカーの選び方を知りたい方へ次の5つについてご紹介しました。
システムキッチン、選び方、選び方のポイント、キッチンメーカー、後悔しないためのポイントについての5つです。
当社は、完全地域密着型スタイルでリフォームを行います。
キッチンリフォームをお考えの際は、当社までお気軽にご相談ください。

最近の記事

  1. 仕上がったばかりの壁が汚される

  2. 塀やコンクリートの塗装は要注意です。

  3. 最近増えてます。 フッ素塗料

  4. 外壁クリヤー塗装現場 付帯部塗装 施工完了