お風呂

お風呂のリフォームに適した時期は?リフォームするかお悩みの方にご紹介

相模原市でお風呂のリフォームをするべきか悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

しかし、「お風呂のリフォームをするタイミングが分からない」「本当にリフォームをするべきか」とお思いの方も中にはいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、お風呂リフォームが必要な時期を見極める際のポイントを解説します。

□お風呂のリフォームの時期を逃すとどうなるか

お風呂のリフォームが必要な時期にリフォームを行わなかったら、どのような危険性があるのでしょうか。

まず、劣化が進んで水がしみ出した場合、木造住宅の構造部分を腐食させます。

マンションであれば、漏水につながるリスクもあるでしょう。

お風呂だけの不具合ではなく、建物全体に不具合が及ぶ可能性があります。

次に、水道高熱費に大きな影響を与える可能性があります。

10年で住宅設備は急速に進化しています。

最新の省エネや家事ラクに配慮された設備を使用すれば、掃除などのお手入れが簡単なうえ、水道光熱費の削減につながるでしょう。

そして、このようにリフォームのタイミングを逃した家は、どんどん悪化し、工事費の増大につながります。

ランニングコストだけでなく、修理の際のコストも劣化に伴って増えるため、早めにリフォームすることをおすすめします。

□時期を見極めるポイント

今すぐリフォームをしたほうがいいのかと、迷っている方も多いのではないでしょうか。

時期を見極める際のポイントをレベル別でご紹介します。

まず、使用年数が20年を過ぎた場合は、リフォームが必要か業者に判断してもらいましょう。

使用していても気付かない不具合があるかもしれません。

次に、リフォームを視野に入れた方が良いサインについて紹介します。

・カビ取り剤を塗布してもカビが目立つ

・水栓器具の温度調整がきかない

・取り付け金具のサビ

・排水口の掃除をしているにもかかわらず、臭いが気になる

・換気扇の不具合

次に、早急にリフォームする必要があるサインについて紹介します。

・浴槽にひびや破損がある

・水漏れがある

・床や壁にひび割れがあったり、浴槽と壁の間にすき間ができたりしている

・脱衣所の床がぶよぶよしている

・お風呂の外の壁に水がしみ出ている

このようにお風呂に不具合がある場合は、劣化のレベルに合わせてリフォームを検討することをおすすめします。

また、このほかにも、家族の高齢化によって手すりが必要になったり、お風呂が寒すぎたりするなどライフスタイルに合わなくなってきたと感じた際にもリフォームを検討してみてください。

□目的別!お風呂のリフォーム方法

皆さんは、なぜお風呂のリフォームを行いたいと思っていますか。

それぞれ異なるお悩み別に、リフォーム方法をご紹介します。

まず、安全性を考えたリフォームです。

ご高齢の方や小さなお子さんは、お風呂に入る際に安全性に注意する必要があります。

滑ったり、転倒したりする危険性があるため、安全性は非常に重要でしょう。

滑らないためには、床材を変えることをおすすめします。

転倒の対策としては、浴槽の壁に手すりを設け、浴槽を浅めにすることでまたぎやすくなるでしょう。

また、ご高齢の方であれば脱衣所や廊下とお風呂の気温差によって、ヒートショックを引き起こす可能性があります。

そのため、脱衣所にエアコンやストーブを設けたり、浴室に暖房機能付き乾燥機を設置したりすると良いでしょう。

次に、断熱性です。

心も体もリフレッシュできる空間にするためには、お風呂の暖かさは重要です。

現在のお風呂が寒いと感じている方は、ユニットバスに変更してみてはいかがでしょうか。

お風呂はユニットバスと在来工法の2種類に分けられますが、在来工法で施工されたタイル張りの床は冷えやすいです。

また、湿気がたまりやすいため、カビが生えやすいです。

さらに、ユニットバスのメリットとして、浴槽のお湯が冷めにくくなることも挙げられます。

追い焚きの回数が減れば、ランニングコストの削減も期待できますね。

次に、衛生面や清掃性について考えたリフォームについて紹介します。

湿気が多いためカビが生えやすいお風呂ですが、毎日のお掃除は大変ですよね。

先程もご紹介しましたが、お手入れが楽なユニットバスに交換することでお手入れがかなり省けます。

お風呂の素材も床や壁には防水性や防カビ性が高い素材を使用しているものが多いため、在来工法のお風呂を使用している方は、ユニットバスに変更することをおすすめします。

また、設備として浴槽を全自動洗浄する機能や効率良くごみを処分しやすいように形成された排水口もあります。

お風呂はほかの水回りに比べても掃除の手間がかかるうえ、掃除は毎日必要になりますので、今回紹介したような設備をぜひ活用してみてください。

最後に、デザイン面です。

お風呂を快適でおしゃれな機能にすることで、癒しの空間として利用できます。

カラーや素材によって大きく雰囲気も変わるでしょう。

内装や浴槽、ドア、窓などにも工夫を凝らして、お好みの空間にしてみてください。

□まとめ

今回は、お風呂リフォームに適した時期を解説しました。

ご自身での判断が難しい場合は、業者に相談し、早めにリフォームを行うことをおすすめします。

当社は、お客様の快適な生活空間をサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。