内装

マイホームに風水を取り入れ、家族が快適な空間に|方角と色がもつ力をご紹介

新築・リフォーム・リノベーション・模様替えなどをして綺麗になったマイホーム。

さらに快適に過ごすために「色」にこだわってみるのはいかがでしょう。

「色」は昔から意味をもち、力があると考えられてきました。

中国古来から伝わる「風水」では「陰陽」や「五行説」を用いることで運気を上げることができると言われています。

また、風水は家相や鬼門・裏鬼門など、知っておきたい内容もたくさんあります。

その中でも、一番取り入れやすい「方角と色」の関係を、見ていきましょう。

 

▢ 北(冬を意味し、水の気)

北は冬を意味し水の気、陰の方角です。

北の方角は活動の場とするよりは、寝室、納戸、書斎といった安らぎの場所として使用するのが良いでしょう。

上手く活用できれば、精神の柔軟性や平静心を保ち、自立心や向上心を上げると言われています。

上手く活用できない場合は、孤立、不安、寂しさなどが強く出てしまうので、注意も必要です。

また、貯金・財運・貯蓄・投資など、金運を司る方角でもあるため、金庫や通帳などは北におくのがいいとされています。

北に黒やグレーなど深く暗い色を置くと、陰に引き寄せられてしまいやすくなります。

なので、北には淡い暖色系が良いでしょう。

アイボリーや薄いピンク、淡いオレンジなど相性が良いです。

避けるべき色は、真反対になる赤です。

北が持つ力を乱してしまうので、避けたほうが良いしょう。

▢ 西(鉱物・金属、金運を意味する)

西は収穫・繁栄など、とても良い方角とされています。

金運上昇や、富、成功といった力が強く、入ってきた金運が出ていかないという特徴も併せ持っているため、

上手く活用したいものです。

そんな金運に恵まれそうな西に取り入れると良い色は、白・金・銀です。

まさに金属の色になります。

白は純白のイメージの強い白が良いでしょう。

けがれない純白は、強運を引き寄せます。

金色は金運と強く繋がっており、金運を上げるには金色が最強です。

銀色は才能開花、チャンス到来、精神の安定など心に隙間を作り、マイナスなエネルギーを跳ねのけると言われています。

また、ピンクや黄色も相性が良いので、ぜひ取り入れてみてください。

相性が悪いとされている色は赤・黒・紫です。

強運の方角とされている西にとって、特に避けたほうが良いのは、陰の色である黒・紫は極力避けた方が良いでしょう

 

▢ 南(火の気・芸術・美)

南は、発想力や爆発的なひらめきなど、刺激の強い方角です。

また、火の気を司っているため、陰の気を燃やすとも言われています。

安らぎの場所というよりは、体を動かしたり、ものづくりをするなど、活動の場所とするのが良いです。

そんな活動的な南には、火の気のバランスを安定させる緑・黄緑や、芸術的な落ち着いた空間にする紫が合います

美の力が欲しい場合は、ピンクやベージュも良いでしょう。

相性があまり良くないのは、赤です。

南は本来、赤く燃え上がる気が強いため、赤を多用してしまうと刺激が強すぎてしまい、イライラし心を乱してしまいます。

なるべく自然に近い色を取り入れると、バランスが取れてきます。

 

▢ 東(活気・運気・出世)

東は「仕事の方角」とも言われ、出世や昇進を望むなら東側を整えると良いでしょう。

朝日が昇る東は発展的な運気を司っているため、これから何か大きな目標を掲げている方には注目すべき方角です。

また、花や草木のような、植物の気を持っています。

観葉植物などを置くと、長持ちしてくれるでしょう。

そんな自然に近い力を持つ東には、青・緑など、自然の中にある色たちがとてもよく合います

海や川の青い色も、集中力を与えてくれ、勉強などに打ち込みたい時や考え事をする時には最適です。

花々のピンクなども相性がとても良いです。

相性の悪い色は、金属を連想させる、金・銀や、枯れ葉を連想させてしまう、オレンジ・黄色です

自然の力を司る東には、金属を連想させる色をおくのは運気が下がると言われています。

また、オレンジや黄色は草花が枯れて、活力がなくなっている状態を連想させれる色なので、自然を司る東には向きません。

 

◆まとめ◆

今回は、風水での方角と色の関係に着目してみました。

東西南北すべての方角で共通していることは、黒の多用は避けた方が良いということです。

唯一黒を活用できるのは北ですが、北でも陰の気を作り出しすぎないように、黒はポイントだけにした方が良さそうです。

今インテリアコーディネーターの方々の中でも取り入れられている「方角と色」の組み合わせは、

きっと、生活を豊かにしてくれる、古来からの知恵なのかもしれません。

 

 

 

最近の記事

  1. 会社の看板が新しくなりました!

  2. 素敵な場所に行ってきました。

  3. 桜満開✨

  4. 社員旅行へ行ってまいりました!