リフォーム情報

リフォームする際に近隣への挨拶は必要です!挨拶のポイントをご紹介します!

「リフォームの際、近隣住民への挨拶は必要なのかな」
「挨拶で何を伝えれば良いのか分からない」
相模原市でリフォームをお考えの方の中には、このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームでの挨拶のポイントについて解説します。

□リフォームで挨拶が必要な理由とは

そもそもなぜ挨拶が必要なのか分からないという方のお考えを改めるべく、まずはリフォームで挨拶が必要な理由についてご説明します。
簡単に3つの理由を押さえておいてください。

1つ目は、近隣住民の方とのトラブルを避けるためです。
これがリフォームにおける挨拶の最大の理由と言えるでしょう。

もしあなたが近隣住民側だったとして、何の挨拶もなしに工事の騒音を響かせられたら不快に感じますよね。
自分の知らないタイミングで勝手に工事を始められたら、必要以上にストレスを感じてしまうでしょう。

そのため、リフォーム前に挨拶をし、あらかじめ近所の方に誠意を見せることで過剰な反応を避けることが重要となります。
事前に挨拶を済ませておけば、近所の方が騒音や振動などで不快な思いをしても、そのままトラブルにまでは発展しづらいでしょう。

近隣住民の方とはこの先住んでいくなかでお世話になる機会もあるでしょうから、円満な関係を築いておきたいですよね。
そのため、リフォーム前には挨拶をしておきましょう。

2つ目は、騒音や臭いなどの被害を避けてもらうためです。
近隣住民の方へ事前にどのようなリフォームをするのか説明しておけば、近隣住民の方に前もって騒音や臭いの対策を行ってもらえる場合があるでしょう。

例えば、近隣住民の方が庭でBBQを計画していた場合、リフォーム工事を行っているということを伝えておけば、日程をずらすことを選択肢に入れてもらえるかもしれません。
逆に何も伝えておかないと、BBQの最中に騒音と臭いが襲いかかってきますので、おそらくトラブルに発展してしまうでしょう。

こうしたちょっとした気遣いが、近隣住民の方との関係を円滑に進めるためには重要なのです。

3つ目は、責任の所在を明確にすることです。
まれにリフォーム時の手違いやミスで実際に近隣住民の方へ何かしらの被害を与えてしまうケースが発生します。
その際、近隣住民の方からすれば、誰が施工主でどういった会社が施工にあたっているのかが分かれば、安心できるでしょう。

そのため、あらかじめ責任の所在を明確にしておき、迅速に適切な対応をとることで、トラブルが大きくなるのを避けられるです。

□リフォームでの挨拶の重要なポイントをご紹介します!

続いては、リフォームでの挨拶の重要なポイントをご紹介していきます。

*施工主とリフォーム会社はどちらも挨拶に行くべき

リフォーム会社にリフォームを依頼すれば、挨拶を請け負ってくれる場合が多いです。
したがって、「リフォーム会社が挨拶回りをしてくれるから大丈夫」と思ってしまうかもしれませんが、こちらはおすすめできません。

近隣住民の方に「リフォーム会社だけ来て、施工主は知らんぷり」という印象を持たれてしまうことがあるからです。
リフォーム会社への丸投げ感が近隣住民の方の心象を悪くしてしまいかねません。
そのため、施工主とリフォーム会社の両方がそれぞれ挨拶回りに伺っておくことが重要です。

*挨拶回りのタイミング

リフォームの挨拶回りのタイミングは工事の1週間前をおすすめします。
ギリギリ過ぎても「もっと早くに言ってほしかった」となりますし、早すぎても「リフォームのことを忘れていた」となることもあるので、丁度良いタイミングと言えるでしょう。

そして、リフォームの挨拶は土日のお昼過ぎに行うと良いでしょう。
土日なら家にいる可能性が高いでしょうし、起きて活動を始めている時間帯です。
土日のお昼過ぎが厳しい場合は、平日の夕方がおすすめです。

*挨拶の内容

挨拶で伝えるべき内容は、以下の通りです。

・リフォームの開始日時と終了日時
・リフォーム工事をする時間帯
・どのような迷惑をかける可能性があるのか
・車を停める場所
・緊急の連絡先

最低限これらの内容を伝えておきましょう。

□挨拶時に気を付けておきたいこととは

最後に挨拶時に気を付けておきたいことについてご説明します。
ここでは挨拶の範囲と不在時の対応についてご紹介します。

まずは挨拶の範囲についてです。
戸建て住宅の場合は、向かい3軒・裏3軒・両隣です。
マンションの場合は、上3軒・下3軒・両隣です。
参考程度に知っておいてくださいね。

次は不在時の対応です。
挨拶回りの際に不在時の時は、リフォームの案内状や手紙を入れておくことをおすすめします。
留守だったからと言って、挨拶しないことは1番良くありません。
手紙を用意しておくなど、何らかの形で挨拶できるように対応を考えておきましょう。

□まとめ

今回は、リフォームでの挨拶のポイントについて解説しました。
この記事が皆様の参考になれば幸いです。
リフォームに関して何かお困りのことがありましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。