外壁

外壁の耐用年数を左右する塗料の種類について!相模原の塗装業者がご説明します

「そろそろ外壁の劣化が気になってきたな・・・」
という方はいらっしゃいませんか?
だいたい築10年を超えると、住宅の外壁は劣化してきます。
しかし、塗料の種類によって耐用年数は異なってくるのです。
10年以上経っても劣化しにくいものもあれば、5年くらいで塗り替えが必要になる塗料もあります。
次の外壁塗装では、あなたはどんな種類の塗料を使用しますか?
今回は、外壁の耐用年数についてご紹介します。

 

□アクリル塗料

アクリル塗料を使用している住宅は、最近ではほとんど見られません。
なぜなら、耐用年数がかなり短いからです。
耐用年数は約5年と、なんと一般的な外壁塗装の塗り替え目安の半分なのです。
しかし、価格は塗料の中で一番安くなっています。
そのため、短いスパンで何度も塗り替えをしたいという方にはおすすめできる塗料なのかもしれませんね。

 

□ウレタン塗料

ウレタン塗料も、今やほとんど住宅に使われていません。
アクリル塗料よりは耐久性が高く、耐用年数は約8年となっています。
価格もそれほど高くないので、性能と価格のバランスの取れた塗料と言えるでしょう。
最近は人気のない塗料ですが、モルタル外壁など、外壁の種類によっては相性が良いこともあります。
外壁塗装業者と相談して、ウレタン塗料を使用するか考慮してみてはいかがでしょうか。

 

□シリコン塗料

シリコン塗料の耐用年数は約10年です。
現在多くの住宅で使用されているのがこのシリコン塗料です。
そのため、「外壁塗装の耐用年数は約10年である」とよく言われているのですね。
シリコン塗料は人気ですが、決して安い塗料ではありません。
人気の訳は、その耐久性の高さにあります。
価格は高くても、シリコン塗料には耐久性があるので長期間塗り直しの必要がないのです。
シリコン塗料は、コストパフォーマンスが一番良い塗料なのですね。
塗料に迷ったら、シリコン塗料での外壁塗装をおすすめします。

 

□フッ素塗料

フッ素塗料の耐用年数は、約15年といわれています。
ものによっては15年と言わず、20年持つものもあるようです。
東京スカイツリーなどといった、有名な建造物に使用されるくらい、とにかく耐久性に優れている塗料です。
その代わり、価格は一番高くなってしまいます。
「どんなに高くてもいいから、塗り直しの手間を省きたい」という方にはおすすめの塗料となっています。

 

□最後に

今回は、外壁の耐用年数についてご紹介しました。
あなたに一番ぴったりな塗料を使用して、外壁塗装を行ってくださいね。