外壁

外壁リフォームすると匂いはいつまで残る?その対処法とは?

「外壁塗装の匂いっていつまで続くの?」
「外壁をリフォームする際に、匂いをうまく対処したい」
このように、外壁のリフォームで匂いを気にする方が多くいらっしゃると思います。
外壁塗装の強烈な匂いはしっかり対策したいですよね。
そこで今回は、外壁塗装の専門家が外壁塗装の匂いの期間とその対処法について詳しく解説します。

 

□外壁リフォームで匂いが気になる期間は?

外壁塗装は約2週間で行われますが、そのうち匂いが気になる工程は終盤の中塗り・上塗りとその後の乾燥期間です。
これらの工程を行う3日間は匂いが気になる可能性があります。
作業完了後は匂いがほとんど残らないので、安心してください。
また、外壁塗装だけでなく、屋根塗装も予定している場合は、工事をまとめてしまいましょう。
外壁と屋根を別々で塗装するのと比べて匂いの期間が短縮されるだけでなく、工事の設営などの面で効率も上がります。

 

□匂い対策

工程途中の匂いの対処法を見ていきましょう。

*匂いの少ない塗料を選ぶ

匂いの大きな原因は塗料です。
つまり、匂いの弱い塗料を選ぶことで、工事中の匂いも軽減されるのです。
外壁塗装では、溶剤にシンナーを使用している油性塗料と、シンナーを使っていない水溶性塗料があり、水溶性の方が匂いが弱いと言われています。
匂いを基準に選ぶのであれば、水溶性の塗料にしましょう。
もう1つ、塗料にはホルムアルデヒドの発散量によってクラスが分かれています。
ホルムアルデヒドとは、シックハウス症候群など人体に悪影響を引き起こす有害物質です。人体や環境に配慮したいのであれば、ホルムアルデヒドの発散量が少ない塗料を選びましょう。

*換気を行う

匂いがこもるのを防ぐために、窓を開けて空気を入れ替えることが大切です。
工事中でも換気できるように、足場や養生の設置の際に業者にお願いしましょう。

*マスクを着用する

個人での対策もできます。
その代表がマスクです。
活性炭が入っていて匂いを吸収してくれるマスクや防毒マスクなどが販売されているので、「本当に匂いに耐えられない」という方は、こういった匂い対策用のマスクを購入しましょう。

*作業中の昼間は出かける

塗装工事中は家を離れる、というのも1つの方法です。
工事の進捗が気になる場合はメールや電話で連絡を取ることも可能なので、匂いが気になるのであれば、外出もおすすめです。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の匂いの期間とその対処法を解説しました。
当社では、外壁塗装や屋根塗装についてのご相談を随時受け付けています。
外壁塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
外壁塗装を考えている方は、ぜひ一度当社までお問い合わせください。