外壁

家の外壁リフォームに必要な基礎知識を身につけよう!

「外壁をリフォームする上で知っておいた方がいいことって何?」
「外壁塗装の基礎知識を身に付けたい!」
このように、外壁塗装の基本的なことを知りたい方が多くいらっしゃると思います。
しかし、家の外壁をリフォームする際に、基礎的なことを知らないまま進めるのは不安ですよね。
そこで今回は、外壁塗装の専門家が外壁リフォームの基礎知識について詳しく解説します。

 

□なぜ外壁塗装が必要か

外壁をリフォームする理由は大きく2つです。
1つ目は、建物の見た目をきれいに保つためです。
見た目の美しさは資産価値の向上にもつながるため、売却を考えているならおすすめです。
2つ目は、雨風などから建物を守るためです。
年月の経過とともにひび割れやゆがみなどが生じてきます。
これを放っておくと雨水が浸水してきて、家の土台部分を劣化させてしまいます。
そうなると塗装以上に様々な修理が必要になるので、要注意です。

 

□外壁塗装のタイミング

新築から10年経過後が一般的なリフォームのタイミングです。
これは、使用する塗料の性能の寿命が約10年だからです。
10年が経過していなくても、目に見える変化が現れきたらリフォームを検討しましょう。
具体的には、色あせや汚れ、外壁を触ると白い粉がつく、苔やカビの発生、金属のサビ、ひび割れやゆがみ、などの状態が確認できれば、リフォームをおすすめします。
また、塗料はしっかり乾燥させることが重要なので、季節としては空気が乾燥している春や秋のシーズンが外壁リフォームに最適です。

 

□使用される素材

外壁塗装で使用される塗料の主成分はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4つです。
塗料には他にも様々な種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。
価格や耐用年数、機能性などを見比べて、希望に合う塗料を使用しましょう。

 

□工事のポイント

*下地処理が超重要

実際に塗料を塗る前に、高圧洗浄や下地の補修などの下地処理をします。
この工程が適当だと、塗料がすぐに剥がれて再び工事が必要になってしまいます。
二度手間にならないように下地処理は業者の作業を確認しつつ丁寧に進めましょう。

*仕上がりがイメージと異なる

塗り替えが完了後に、「仕上がりがイメージと違っていた」というトラブルがあります。
塗り替え前に色のサンプルを見せてもらえますが、サンプルだけで判断しないように注意しましょう。
家全体に塗ると、サンプルよりも面積が広いために明るく見えたり、周囲の家の色とのバランスによってサンプルと異なる色に見えることがあります。

 

□まとめ

今回は、外壁リフォームの基礎知識を解説しました。
当社では、外壁や屋根のリフォームについてのご相談を随時受け付けています。
外壁塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。