外壁

家の外壁リフォームはするべきか?外壁リフォームで得られる2つのメリット!

「外壁リフォームって本当に必要なの?」
「家の外壁をリフォームするメリットが知りたい。」
このように、外壁リフォームのメリットを知りたい方が多くいらっしゃると思います。
しかし、家の外壁をリフォームするのって時間もお金もかかるのでするべきか悩みますよね。
そこで今回は、外壁塗装の専門家が外壁塗装で得られるメリットについて詳しく解説します。

 

□外壁塗装2つのメリット

*美観の維持

外壁は常に日光や雨風のダメージを受け続けているため、何もせずに10年〜20年経過すると、壁の色あせや剥がれなどの変化が起きます。
また、外壁をきれいに塗り替えることは資産価値の向上にもつながるため、将来的に家を売却する予定がある方はリフォームをおすすめします。

*保護

見た目以上に大切なのが機能面です。
外壁の塗料は雨をはじいて浸水を防いだり、騒音を遮断してくれます。
特に水は家の骨格である木材や鉄筋などを劣化させてしまうため、浸水を防ぐ防水機能としての役割はかなり重要です。

 

□外壁塗装をしないとどうなる?

長年外壁をリフォームせずにいると、防水性が失われます。
防水性が失われるにつれて、壁にひび割れが起きたり、歪みが発生します。
これらの傷みがさらに大きくなり、外壁や屋根の内部まで水が浸水してくると危険です。
内側の木やコンクリートなど家の土台部分がどんどん劣化した結果、雨漏りが起きたり、台風や地震で簡単に破壊されてしまいます。

 

□外壁リフォームのタイミング

一般的には、最後に外壁をリフォームしてから10年ほど経過した、新築の場合は20年ほど経過したタイミングでリフォームします。
どうしてこのタイミングかというと、塗料に使用されるアクリル塗料やウレタン塗料などが、この期間を境目に性能を失ってしまうからです。
また、ここで紹介している期間はあくまで目安です。
明らかに塗料の艶が無くなっている、ひび割れが起こっている、壁を触ると白い粉が手につくなど、目に見える形で劣化症状が現れている場合は早急にリフォームを検討しましょう。

 

□リフォームが一番の節約

中には、「お金がかかるから外壁リフォームに乗り出せない」という方もおられるかもしれません。
確かに外壁のリフォームは安くはないですし、そう考える気持ちも分かります。
しかし、リフォームをしなかったことが原因で、家の土台部分が侵され、結果的に塗装以上の費用がかかってしまうのです。
長期的に考えるなら、家をリフォームすることが一番の節約です。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装で得られるメリットを解説しました。
当社では、外壁リフォームについてのご相談を随時受け付けています。
外壁塗装の専門家が客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

最近の記事

  1. 会社の看板が新しくなりました!

  2. 素敵な場所に行ってきました。

  3. 桜満開✨

  4. 社員旅行へ行ってまいりました!