外壁

屋根の劣化!雨漏りの原因をお伝えします!

「屋根の劣化が激しい・・・」
「雨漏りが起こっているから、原因を知りたい。」
このような悩みをお抱えの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、屋根の劣化による雨漏りの原因についてご紹介します。

 

□屋根の劣化による雨漏りの原因

雨漏りの原因となる屋根の劣化の症状には以下のようなものがあります。

・屋根のヒビ割れ
・コーキング材の劣化
・天窓
・給水管・排水管の劣化
・雨どいのオーバーフロー

では順番に詳しく見ていきましょう。

*屋根のヒビ割れ

屋根のヒビ割れから雨漏りが起こるケースです。
ヒビの他にも、屋根のスレート(屋根に使われる板状の建材)のずれや、屋根材の接地面にある棟板金のずれも雨漏りの原因です。
瓦屋根の場合、瓦同士がずれたり漆喰が劣化したりすることで雨漏りが起こります。
台風・地震などの外部の要因に加え、経年劣化によっても起こりやすいケースです。

*コーキングの劣化

コーキングとは、コーキングガンによってシーリング材を打ち出し、サイディング(外壁材)の目地を埋めている材料です。
屋根・外壁の耐水に欠かせない材料であり、経年劣化によってコーキングが劣化すると、屋根の材料や外壁に浸水してしまいます。
それによって、雨漏りが起こる原因となるのです。

*天窓

天窓が付いている建物の場合、窓の板金の劣化によって隙間から雨漏りすることがあります。
天窓が付いている建物に住んでいる場合は、屋根の劣化より天窓の劣化による雨漏りの可能性が高いです。
日常生活から気を配っておくことをおすすめします。

*給水管・排水管の劣化

屋根付近の給水管・排水管が劣化することにより、パイプから雨漏りが起こる場合があります。
給水管・排水管は定期的に点検するほか、業者を呼んで診断・修理を依頼してみましょう。

*雨どいのオーバーフロー

雨どいが付いている建物の場合、外壁の近くに存在する雨どいにゴミが溜まって、オーバーフローを引き起こす可能性があります。
オーバーフローを引き起こした場合、近くの外壁に雨が負担を与え劣化を早めてしまいます。
また、外壁にヒビやコーキング劣化を引き起こしていた場合、雨漏りの直接的な原因となります。
雨どいがある場合は、定期的に点検しておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、屋根の劣化による雨漏りの原因についてご紹介しました。
雨漏りの原因は様々な種類があり、原因を絞るには専門知識を必要とします。
当社では外壁塗装やリフォームを行う際、専門知識を持った職人が家の隅々まで診断し、家の状態を正確に把握します。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。