外壁

屋根塗装をするべき時期は?業者が説明します! 

「屋根の塗装が剥がれてきた」
「そろそろ屋根の塗装をしたいけど、どのタイミングですればいいのか分からない」
「屋根塗装の時期はいつが最適?」
屋根の塗装について、いつがいいのか分からないという方は多くいらっしゃいます。
いつごろが屋根の塗装工事をするタイミングなのでしょうか。
今回は、そのタイミングをご紹介します。

 

□屋根塗装をするべき状態

では、屋根塗装を工事するタイミングはいつなのでしょうか。
まず、塗装をした方がよいと思われる屋根の状態についてご説明します。

 

*雨漏りしてしまう

屋根に水が溜まり、雨漏りしてしまっている場合は、直ちに屋根塗装の工事を考えましょう。
雨漏りしてしまっているということは、屋根が屋根として機能していないということです。
早めに対処しないと、他の部分まで雨漏りがひどくなってしまう可能性があります。

 

*屋根にヒビが入っている

ヒビが入っている場合、屋根の耐用年数が切れてしまっています。
また、防水機能がついている塗料を使用している場合、伸縮性があるためヒビは入りにくいのですが、防水機能が失われることがあります。

 

*カビが発生している

屋根にできたカビは、気づかれずそのまま放置されることが多いです。
そのため、カビが広範囲に発生してしまうというような状態になったら屋根塗装の塗り替え工事をおすすめします。
カビやコケなどが、雨漏りの原因となりますので、しっかりとメンテナンスしましょう。

 

□屋根塗装をするべき時期

次に、屋根の塗装をするのに向いている時期をご紹介します。
屋根塗装をするべき時期は乾燥しやすいかどうかに関わってきます。
冬場は気温が低く、塗料を塗ってもあまり乾燥しません。
太陽熱が夏に比べて弱いからです。
その反面、夏は気温が高く、塗料を塗ると直射日光のためすぐに乾燥してしまいます。
そのため、屋根塗装をするべき時期は春が始まったころから梅雨に入る前であるといえます。
春は、気温もちょうどよく、乾燥もほどよいスピードでできるため、最適であると言えます。
秋も似たような気候ですので、秋でもいいかもしれません。

 

□まとめ

今回は、屋根塗装の時期、またタイミングをご紹介しました。
今回紹介した時期が屋根塗装のタイミングですが、ぴったりの時期を見計らうのは難しいかもしれませんので、一度業者に相談してみましょう。
当社は、相模原市を中心に塗装工事業を行っているリフォーム会社です。
なにか相談事がありましたら、なんでも承りますのでご連絡ください。

最近の記事

  1. 会社の看板が新しくなりました!

  2. 素敵な場所に行ってきました。

  3. 桜満開✨

  4. 社員旅行へ行ってまいりました!