外壁

汚れが目立たない色!外壁塗装代行業者がご紹介します!

「家の壁の汚れが目立って気になる・・・。」
このようなお悩みをお抱えの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、外壁の汚れが目立たない色についてご紹介します。

 

□外壁の汚れが目立たない色

「家の壁の色が変わっている・・・。」
外壁の変色の原因は、主に雨風や紫外線にさらされ続けることです。
その他、カビ・コケやサビ、経年劣化など、様々な要因で外壁は汚れていきます。
外壁の汚れを目立ちにくくするには、目立たない色を選ぶことをオススメします。
それでは、以下にポイントをご紹介します。

*汚れが目立ちにくいグレー

グレーの外壁は、汚れが目立ちにくいです。
なぜグレーの外壁は汚れが目立ちにくいのか、それは汚れのほとんどの色が「中間色」だからです。
カビ・コケは緑っぽい薄茶色をしており、また付着する土や砂も黄土色をしています。
白と黒の中間色であるグレーを採用することで、中間色が同化し、汚れても外壁の変色が目立ちません。

*グレー以外の汚れが目立ちにくい色

先ほど紹介したグレーの他にも、外壁の汚れが目立ちにくい色は複数あります。
ベージュ、アイボリー、ブラウンなどの色を外壁に採用すると、外壁の雰囲気を変えつつ、汚れが目立ちにくい外壁が完成します。
これらもグレーと同様に、土や砂の色と同化するためオススメの色です。

 

□外壁塗料の種類

外壁に塗る塗料を選ぶことで、様々なメリットが発生します。
・低汚染塗料
・ナノテク塗料
これらの塗料を使って、外壁の汚れを目立ちにくくし、メンテナンスも不要な外壁が完成します。
それでは、以下に詳しくご紹介していきます。

*低汚染塗料

「セルフクリーニング」という技術が存在します。
低汚染塗料は、「セルフクリーニング」の性質を持つ塗料の代表格です。
低汚染塗料を塗りこむと、外壁が水と馴染みやすくなり、汚れが浮きやすくなります。
したがって、浮いた汚れを雨水や水洗いによって落としやすくなり、汚れにくい外壁を作ることが可能です。

*ナノテク塗料

ナノレベルの微粒子を混ぜた塗料を外壁に塗ることで、表面がガラスのようにツルツルとした外壁が完成します。
そのため、汚れがまず付着しにくく、付着した汚れも雨水や水洗いで落としやすくなります。
また、外壁塗装の際もすぐ乾くので施工性が高くなります。

 

□まとめ

外壁の汚れが目立たない色についてご紹介しました。
当社「リ・フォーユー」は神奈川県相模原市近郊で、外壁塗装を代行しているリフォーム会社です。
相模原を愛する塗装職人が、丁寧な仕事を心がけています。
お客様の「困った」に、即座に駆けつけます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。