リフォーム情報

相撲原で二世帯を検討されている方へ!リフォームの基礎知識をご紹介!

相撲原でリフォームして二世帯を検討されている方はいらっしゃいませんか。
二世帯にしたい理由は、子供が生まれた、親と同居することになったなど様々ですよね。
ただ、二世帯についてあまり知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は、二世帯住宅リフォームの基礎知識、相場、注意点について解説していきます。
 

□二世帯住宅リフォームとは?

 
まず、二世帯住宅リフォームはどのようなものなのか基礎知識を見ていきましょう。
 
皆様は二世帯住宅リフォームといっても4つのタイプがあることをご存知でしょうか。
それぞれ見ていきます。
 
まず完全分離型(左右分離タイプ)二世帯住宅についてです。
完全分離型(左右分離タイプ)二世帯住宅とは、二世帯と言っても玄関や水回りを共有することなく、左右別々に分離しているタイプです。
二世帯住宅、足音、物音などの生活音がお互い伝わることなく、ストレスを感じることが少ない住宅のタイプだと言えるでしょう。
 
ただ、ある程度の敷地が無ければ、一世帯当たりの敷地が狭くなってしまい窮屈に感じますので、そこはデメリットだと言えるでしょう。
二世帯住宅と言っても、ある程度のプライベート空間が欲しいという方には大変おすすめです。
 
続いて、完全分離型(上下分離タイプ)二世帯住宅について見ていきましょう。
こちらのタイプは、1階と2階で世帯を分離する二世帯住宅です。
こちらのタイプを現在採用しているという方も多いことでしょう。
 
階段の移動を考えて、親世帯が1階に住むことが一般的です。
玄関や水回りなどは共有することとなるので完全分離型(左右分離タイプ)二世帯住宅よりも費用は抑えられます。
ただ、足音、物音などはある程度伝わってしまいますので、そこはご注意ください。
 
続いて部分共有型二世帯住宅について見ていきましょう。
お風呂やキッチン、トイレなど主に水回りの設備を二世帯で共有にする間取りの二世帯住宅です。
完全分離型より費用を抑えられます。
ただ、プライベート空間というのは、なかなか確保できないでしょう。
 
最後に完全同居型二世帯住宅について見ていきましょう。
完全同居型二世帯住宅とは、その名の通り通所の一戸建てに住宅に二世帯で同居するタイプの住宅です。
お風呂やキッチン、トイレなどはもちろん、玄関やリビングなども共有となるため、少し窮屈に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
ただ、玄関を2個設置するなどの無駄をなくせるので建物面積を有効活用できるとお考えになる方もいらっしゃるでしょう。
また親世帯と同居する際、親世帯が年老いたときに体調の変化、内面の変化があるということもありますので、それもご考慮ください。
 

□二世帯住宅リフォームの費用

 
ここからは、二世帯住宅リフォームに費用について見ていきましょう。
一般的には40坪の住宅の場合、約500万円から約2100万円です。
完全分離型(左右分離タイプ)二世帯住宅が2100万円、完全分離型(上下分離タイプ)二世帯住宅が1200万円、部分共有型二世帯住宅が760万円、完全同居型が500万円ほどでしょう。
完全同居型であったとしても玄関や設備の追加などの改築が必要ですので少し値段が高めです。
 
タイプや家自体の状態、環境によって、値段が変わってきてしまいどうしても範囲が広くなってしまっています。
また、これらの金額はあくまでも一般的な相場ですので、依頼するリフォーム会社によって値段も内容も変化しますのでご注意ください。
 

□二世帯住宅リフォームの注意点

 
まず長い目で将来も視野にいれながらどのタイプの二世帯住宅にするか考えましょう。
二世帯住宅を建ててから20年後30年後を想像してみましょう。
もし子世帯だけで済むこととなった際は、親世帯が使用していた場所はどのように使用するでしょうか。
 
完全同居型住宅でしたら、子世帯のみとなった場合でもあまり変化なく生活を送れるでしょうが、完全分離型(左右分離タイプ)二世帯住宅の場合はどうでしょうか。
多くの場所を持て余してしまうこととなる可能性もあるのではないでしょうか。
部分共有型二世帯住宅の場合は、子世帯のみとなった場合に備えて、使わなくなる可能性がある場所をリフォームしやすいようにしておくというのも考えられるでしょう。
このように二世帯住宅は、将来も視野にいれながら検討する必要があります。
 
また、相続が発生した際、二世帯住宅に住んでいない兄弟は、どのように相続を配分すればよいか考えておくことも必要でしょう。
二世帯住宅を同居親族のみの相続としてしまうと不平不満が生まれてしまい、トラブルが発生してしまう可能性もあります。
これらも考慮にいれたうえで二世帯住宅を建てると将来悩まされるということはないでしょう。
 

□まとめ

 
今回は、二世帯住宅リフォームの基礎知識、相場、注意点について解説しました。
二世帯住宅と言っても、さまざまな種類があることをご理解いただけましたでしょうか。
当社ではリフォームに関するご連絡を随時受け付けております。
リフォームをお考えの方はぜひ一度、お問合せください。

最近の記事

  1. サイディング外壁シーリング打ち替え工事 H様邸

  2. 気になっていた箇所

  3. せっかくなので変わった色で!

  4. 鉄骨塗装作業 手塗り