外壁

相模原で外壁リフォームを行うときの雨による影響とは?

「外壁塗装中に雨が降った」
「雨が外壁塗装に及ぼす影響と注意点を知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、相模原で外壁リフォームを行う方に向けて、雨天時に外壁塗装に及ぼす影響と注意点についてご紹介します。

 

□雨天時に外壁塗装に及ぼす影響

途中で雨が降ることにより、さまざまな影響が出ます。
例としては「塗料が雨で流れる」「塗膜剥離やひび割れなどの劣化が起こる」「塗料に雨が落ちることにより、まだらな仕上がりになる」「光沢が低下する」などが発生する可能性があります。
また、雨の日に工事を行った結果として「塗料が流れたため、流れた塗膜を除去して再塗装」「光沢が低くなったため、上から再塗装」「塗料が水を吸って膨れたため、膨れた塗膜を除去して再塗装」など、再塗装する事例も多いです。

 

□雨が降っている際にリフォームをすることの注意点とは?

 

*天候を考慮する

雨により、工事が大幅に延期する可能性があります。
そのため、晴れの多い日を狙って工事を依頼してみましょう。

 

*優良業者を見つける

雨が降っても塗装を続ける業者は、早く工事を終わらせたいだけの場合があります。
できるだけ多くの業者を比較することで、優良業者を見極めましょう。

 

*地域密着の業者はおすすめ!

地域密着の業者はすぐに駆け付けてくれます。
雨による工事中断でも、止み次第すぐに工事再開ができます。

 

□相模原市でお悩みの方へ!雨が降った際に行うべき事前対策とは?

 

*家の周辺やベランダ、家の外をチェック

屋外にあり、固定されていないものは一時的に屋内に待避させるか、しっかり固定するか、対策をとっておきましょう。

 

*屋根のチェック

屋根瓦がずれていないか、ひび割れしていないかのチェックをしましょう。
雨漏りの原因になる可能性があります。

 

*外壁のチェック

外壁にヒビや浮き上がりがある場合、その隙間から雨水が浸入してしまうため、注意が必要です。
気が付いたときに、業者に補強を依頼しておきましょう。

 

*雨どい・排水溝の掃除

雨どいや排水溝は、ゴミや枯葉などが詰まった場合、雨水が流れなくなります。
この場合、雨水が逆流し、屋内に漏れてくる可能性があります。
事前に掃除をしましょう。

 

□まとめ

今回は、相模原で外壁リフォームを行う方に向けて、雨が外壁塗装に及ぼす影響と注意点についてご紹介しました。
当社は、相模原市とその近郊で塗り替え工事をしているリフォーム店です。
事前に建物の現状を診断し、要望をくわしくお聞きし、プランをご提案します。
そして、お客様が「当社になら安心して工事を任せたい」と感じてくださるように、全力を尽くします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせ下さい。