外壁

相模原で家の塗装をお考えの方へ!塗装中の雨が与える影響について紹介します!

「相模原で外壁塗装をしようか迷っているが、分からないことが多い」
「外壁塗装をしているときに雨が降るとどうなるか気になる」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
外壁塗装の経験がない方は、分からないことが多いですよね。
特に、雨天時の外壁塗装については気になる方が多いと思います。
そこで今回は、雨天時の外壁塗装について解説します。

 

□相模原の業者が家の外壁塗装に及ぼす雨の影響を紹介!

*見た目が悪くなる

雨天時の外壁塗装では、雨水で塗料の一部が流れてしまい、外壁の見た目が悪くなります。
もし塗装自体はうまくいっても、見た目が悪くなってしまうのは気になりますよね。

*塗料本来の性能が発揮されない

塗料が雨水で薄まると、塗料の一部が流れてしまうため、塗料本来の性能が発揮されません。
塗料には耐候性や遮熱性といった機能がありますが、これらの機能は塗料が少しでも薄まったり、流れたりするとあまり発揮されません。

 

□外壁塗装をするときの注意点

*雨天時には塗装を行わない

上記で述べたように、雨が外塗塗装に及ぼす影響は大きいです。
外壁塗装の性能をしっかりと発揮させるためにも、雨天時の塗装はやめましょう。

*湿気に注意する

外壁塗装を行うときは、雨だけでなく、湿気にも注意する必要があります。
湿気が85パーセントよりも高いときは、外壁塗装は行わないことをおすすめします。
外壁塗装は基本的には、晴天のときに行いましょう。

*天気予報をしっかりと確認する

雨が降る日や湿気が高い日は、外壁塗装がうまくできません。
外壁塗装のスケジュールを立てるときは、天気予報をしっかりと確認しましょう。
晴天で湿気が低い日が特におすすめです。
また、気温が5度以下の日は、塗料が凍りついてしまう可能性があるので、できるだけ避けましょう。

 

□まとめ

今回は、雨天時の外壁塗装について解説しました。
外壁塗装に使われる塗料は、雨水や湿気と相性が悪いため、雨天時の外壁塗装はおすすめしません。
また、外壁塗装は自分で行うと時間と手間がかかり、仕上がりも上手くいかないことが多いです。
そのため、外壁塗装はできるだけ業者に依頼することをおすすめします。
今回ご紹介した内容を参考にして、外壁塗装を業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
当社には、外壁塗装や屋根塗装に関しての知識と実績が豊富なスタッフが多数在籍しています。
また、当社は塗装専門店とは違い、塗装以外に補修作業にも対応しています。
外壁塗装や屋根塗装で何か分からないことがある方は、お気軽に当社までお問い合わせください。