リフォーム情報

相模原の住まいの方にエクステリアについて説明します!

みなさんは、エクステリアのリフォームをどのようにお考えですか。
エクステリアにはさまざまな種類があるため、どのようなリフォームが最適かわからないですよね。
今回は、エクステリアについて、またエクステリアリフォームを行う際のポイントについて説明します。
 

□エクステリアについて

 
みなさんは、エクステリアとは何を指すかご存知ですか。
同じような意味の言葉に外構というものがあります。
この二つの単語はどちらも住宅の外にあるものの全体を指すので、使い分けで気にしすぎる必要はないでしょう。
強いていうならば、エクステリアは外構よりもおしゃれなイメージがありますね。
 
では、エクステリアとは具体的に何を指すのでしょうか。
エクステリアは住宅の外周りのことで、家のフェンスは比較的イメージしやすいものだと思います。
ほかにも、カーポートやテラス、門、庭などが含まれます。
エクステリアのリフォームは、これらを新しく配置したり、作り直したりすることを指します。
 
エクステリアのリフォームをする際は、以下の3つのスタイルを意識しておくと良いでしょう。
エクステリアのスタイルには、門やフェンスを設けない開放的なオープンタイプ、柵や堀でしっかりと閉じるクローズタイプがあります。
また、これらの要素をミックスしたセミクローズタイプもあります。
リフォームの要望を伝えるときは、これらのスタイルの内どれが自分の理想に近いか、自分の中ではっきりさせておくと良いでしょう。
 

□エクステリアの相場について

 
次に気になるのは、エクステリアリフォームの費用ではないでしょうか。
ここでは、エクステリアリフォームの相場について説明していきます。
 
はじめに、住宅の様子を外から隠すための目隠しフェンスの相場を説明します。
 
目隠しフェンスの相場は17〜57万円程度と言われており、設置することで、プライバシーを守りやすくなります。
しかし、目隠しフェンスにより圧迫感を感じてしまうことがあるので、ある程度目線が通るルーバー状のものにすると良いでしょう。
また、植樹や植栽でも目隠しの役割を果たします。
フェンスを設けることに抵抗がある方は、目隠しフェンスの代わりに植物を植えることを検討してみてはいかがですか。
 
つぎに、ブロック塀の相場を説明します。
 
ブロック塀の相場は58〜77万円と言われています。
設置する範囲によって費用が異なるので、気をつけましょう。
ブロック塀は耐用年数が長いですが、目隠しフェンスよりも圧迫感を与えることもあるので、気をつける必要があります。
丈夫な見た目をしているブッロク塀ですが、雨水や二酸化炭素の影響で腐食が進んでいる場合もあるので、定期的にメンテナンスをすることを心がけましょう。
 
さいごに、スロープの相場を説明します。
 
バリアフリーのためにスロープを設置する方は多いのではないでしょうか。
スロープの相場は42〜58万円と言われており、スロープを設置すると車椅子やベビーカーでの移動が便利になるでしょう。
 
傾斜角度が急であると、上るときに大きな負担がかかります。
また、スロープを下る場合も危険ですね。
快適に上り下りをするために、傾斜角度は5パーセント以下にする必要があります。
また、スロープを作る場所に木や植え込みがある場合は撤去費用がかかることがあるので、気をつけましょう。
 
今回は、目隠しフェンスとブロック塀とスロープの相場を説明しました。
これらのリフォームを考えている方はぜひ参考してください。
 

□エクステリアリフォームを行うポイントについて

 
ここまでエクステリアリフォームについて説明してきましたが、エクステリアリフォームで後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか。
エクステリアリフォームは費用が高いため、失敗したくありませんよね。
失敗しないためには、信頼できるリフォーム業者に依頼する必要があるでしょう。
ここでは、信頼できるリフォーム業者の選び方と後悔しないためのポイントについて説明しています。
 
信頼できるリフォーム業者を探すためには、実績や口コミが参考になるでしょう。
このような情報は業者のホームページなどで簡単に見つけられるので、事前に確認してみてください。
ホームページなどを確認することで、実際に行った工事内容や実際に利用された方の評価を拝見できます。
信頼できる業者を探す際には、実績や口コミを参考にしてみてはいかがですか。
 
また、信頼できる業者であっても後悔が残るリフォームになることもあるかもしれません。
それは、主に業者の方とみなさんのリフォーム内容に齟齬があるため生じます。
後悔のないリフォームを行うためには、ご自身の希望を明確に伝える必要があります。
リフォーム前の相談で積極的にコミュニケーションをとり、不安材料をなくして、最高のリフォームを行いましょう。
 
ここでは、信頼できるリフォーム業者の選び方と後悔しないためのポイントについて説明しました。
リフォームは失敗できないものであるため、少しでも不安があれば満足するまで業者の方と相談してください。
業者の方もお客様にリフォームで失敗したと感じさせたくないため、丁寧に相談に乗ってくれるでしょう。
後悔しないためにも、気になるところは積極的に聞いて不安材料を取り除いていってください。
 

□まとめ

 
今回は、エクステリアについて、またエクステリアリフォームを行う際のポイントについて説明しました。
お客様の住まいにあったエクステリアを選ぶ助けになれば幸いです。
相模原にお住みの方はぜひ参考にしてください。