外壁

相模原在住の方へ!雨漏りの原因を外壁塗装と関連付けてお伝えします

相模原市にお住いの方で、外壁塗装をお考えの方は必見です。
外壁塗装をしたのに雨漏りしてしまうという悩みをお持ちではないですか。
ここでは、雨漏りの発端と雨漏りを対策する際のポイントを紹介します。

□雨漏りの発端を徹底解説します!

外壁塗装をしたにも関わらず、雨漏りが起こってしまうなんてことはありませんか。
ここでは、雨漏りの発端を3つ解明していきましょう。

1つ目の発端は、塗装の下地に問題がある時です。
外壁から雨漏りしていると、外壁の中側が劣化し、雨漏りに繋がってしまいます。

外壁の中側には、防水シートが入っていることがほとんどですが、外壁が劣化して、ひび割れているところに水が入ると防水シートが破れてしまいます。
そのため、雨漏りに繋がっているといえるでしょう。

2つ目の発端は、シーリング剤の劣化です。
シーリング剤は、材料を繋ぎ合わせるために使用されることが多いので、外壁のつなぎ目になります。

そのため、このシーリング剤が劣化すると、つなぎ目が壊れるので、雨漏りの発端に繫がるでしょう。

3つ目の発端は、屋根自体に問題がある時です。
外壁にひび割れ等を見つけたので、外壁塗装を行ったが、意味がなかったという時は、屋根の問題を疑ってみて下さい。

屋根の瓦にヒビが入っている可能性やスレートが壊れている可能性が考えられます。
隙間から水が入って雨漏りしてしまいます。

□雨漏りの修理と対策を説明します!

雨漏りの発端を理解したところで、次は、雨漏りの修理とその対策について見ていきましょう。

まずは、塗装の下地に問題があった時の対策を紹介します。
先程、述べましたが、外壁が劣化して、中に入っている防水シートに侵入し、防水シートが破れてしまうことが多いです。
そのため、防水シートの張替えを行って下さい。

次に、シーリング剤の劣化の問題の時の対策を紹介します。
外壁の下地の問題と同様に、シーリング剤を上から付け足して下さい。
補強を行うことで、雨漏りの発端を取り除けるでしょう。

最後に、屋根に発端がある時の対策を見ていきましょう。
瓦にヒビが入っている時は、部分を交換し、ストレート屋根の時は壊れている所を修理してください。
発端となる部分を交換、修理することで対処できるでしょう。

上記で紹介した通り、雨漏りへの対応は完了しますが、このような対応を行ったにも関わらず、また雨漏りが起こる時があります。
この時はどうすれば良いのか紹介します。

工事をしたのにまた雨漏りが起こる例としては4つのケースが考えられます。

1つ目は、雨の侵入口を間違えて捉えていた時です。
当然のことながら、他に原因があるのに間違った対策をしていても意味がないですよね。
本当の原因をもう一度探してみましょう。

2つ目は、雨漏りの発端が他にもある時です。
発端がたくさんある時、1つの対策だけをしていても結局雨漏りは起こってしまいます。
すべての発端を突き止める必要があるでしょう。

3つ目は、雨漏りの発端と対策が適応していない時です。
せっかく、正しい発端を発見していても、間違った対策を取っていると考えられるので、見直してみましょう。

4つ目は、建物自体が古く、老朽化している時です。
発端を発見し、対策をとっても、建物自体が老朽化していると、次々に様々なところが劣化していき、新たな発端が生まれてしまいます。

そのため、建物自体の工事を考える必要があるでしょう。

□外壁と屋根の雨漏りでのポイントを紹介します!

上記で、雨漏りの起こる発端とその対策について述べてきましたが、最後は、外壁と屋根の雨漏りの対策ポイントを紹介していきます。

雨漏りの対策ポイント3つあるので、順番に見ていきましょう。

1つ目は、雨漏りの発端を明らかにすることです。
先程、雨漏りが繰り返される発端として、雨漏りの発端とその対策が適応していないと紹介しました。

雨漏りを早く直したいという気持ちはわかりますが、発端とは違う行動をしていても、解決されません。
まずは、きちんと雨漏りがどこから起こっているのかを把握して、適切な対応を行いましょう。

2つ目は、自分の家に合った工事を行うことです。
雨漏りの発端を突き止めたら、自分の家に合わせて工事を行いましょう。
自分の家に合わないやり方を行ってしまうと逆に雨漏りが悪化してしまうことがあるので注意して下さい。

3つ目は、雨漏りで疑わしい部分だけではなく、家全体を確認することです。
外壁や屋根の塗装の劣化により、怪しい雨漏りの発端以外に雨漏りが起こる箇所があります。

雨漏りするたびに工事をしていては、費用、手間共にかかるので、一度雨漏りが起こった時点で、他にも雨漏りの発端になりそうな場所がないかみておきましょう。

□まとめ

外壁塗装と関連する雨漏りの発端と対策、さらには雨漏りの対策ポイントを紹介しました。
雨漏りの発端は必ずしも1つとは限らないので、1回雨漏りになったら、他の発端も一緒に探り出すことが雨漏りの繰り返しを防ぐことに繋がるということを理解してもらえましたか。

定期的な外壁塗装のメンテナンスを行って雨漏りを防ぎましょう。