外壁

外壁塗装をDIYするときに知っておくべき注意点とは

「外壁塗装したいけど、業者に任せるのと自分でやるのって何が違うんだろう?」
「壁に塗料を塗るだけってイメージだし、DIYしても問題なさそう」
外壁塗装を考えたとき、専門業者に依頼するか、DIYするかで悩む方も多いのではないでしょうか?
DIYは、椅子や机を作るなどの単純な日曜大工とは違い、危険を伴う作業です。
そのため、素人がDIYをする際には気をつけなければいけないことがあります。
そこで今回は、外壁塗装をDIYする際の注意点について解説します。

 

□DIYする際の注意点

専門業者に依頼する場合と比較したとき、DIYは費用が安くすむことや自分で完成させたという達成感が得られるなどの良い点があります。
しかし、それだけでDIYしようと決めるのではなく、DIYのリスクも考慮して慎重に選択する必要があります。
以下に、DIYする際の注意点を3点示します。

 

*費用対効果が薄い

DIYは費用が安いと述べましたが、素人が作業するため、当然そのクオリティは業者より低いです。
技術不足や作業時間が限られることから、塗り忘れる箇所があったり、塗料のムラが大きくなったりすることが多くなる可能性があります。
したがって、せっかく時間や労力をかけて完成させても、業者に依頼したときのような長い耐久年数は期待できず、数年ごとに修復が必要になることがあります。
また、業者であれば1ヶ月かからずに終わるような作業でも、完成までに1~2ヶ月かかる可能性もあり、時給換算すると結局業者に依頼した場合と変わらないこともあります。

 

*作業に命の危険が伴う

外壁塗装は塗料を塗るだけだから簡単と思うかもしれませんが、実は常に危険と隣り合わせの作業です。
足場から落下することによる転落死や、付近の電線に触れてしまうことによる感電死、有機溶剤の過剰吸引による失神など危険な事態が起こる可能性があります。
特に普段作業をしておらず、慣れていない方は、細心の注意を払う必要があります。
業者に依頼した場合、自分の危険を守るだけでなく、事故のリスクも低くなります。

 

*近隣住民への対応

作業中に塗料が他の家についてしまったり、ゴミの処理が適切でなかったりすると、近隣住民との間にトラブルが発生するかもしれません。
養生やゴミ袋の準備など、事前にリスク管理しておく必要があります。
業者の場合、何件もの依頼をこなした経験から、未然にそれらのリスクを防げるでしょう。

 

□まとめ

以上、DIYする際の注意点についてご紹介しました。
外壁塗装を考えている方はぜひこの記事を参考にしてください。
また、株式会社上河原は相模原で外壁塗装を承っています。
相模原で外壁塗装を考えている方は、ぜひお問い合わせください。