外壁

相模原で家の塗装をお考えの方へ!遮熱塗料のメリットとデメリットについてご紹介

「相模原で外壁塗装をしようか悩んでいる」
「外壁塗装で用いることがある遮熱塗料について詳しく知りたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
外壁塗装の経験がない方は、分からないことが多いですよね。
特に外壁塗装に用いられる塗料については知らない方が多いと思います。
そこで今回は、外壁塗装の際に選ぶ遮熱塗料のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

□相模原の塗装業者が遮熱塗料のメリットを解説!

*遮熱効果がある

遮熱塗料は、名前から分かるように遮熱効果がある塗料です。
遮熱効果がない普通の塗料は、遮熱塗料に比べて太陽の光を反射させる力が低く、熱を吸収してしまいます。

*節電ができる

遮熱塗料では、夏の室温上昇を2度から3度ほど抑えられると言われています。
そのため、夏では冷房を使用する頻度が減り、節電につながります。
また、冷房を使用する頻度が減るので、二酸化炭素の排出を抑えられる上、地球環境の保護にも貢献できます。

*住宅の寿命を保てる

遮熱塗料は、他の塗料に比べて遮熱効果があるので、太陽の光や熱による住宅の劣化を防げます。
その分、外壁や屋根の劣化を抑え、住宅の寿命が長持ちします。
遮熱効果だけでなく、住宅の寿命を保つ効果があるので、遮熱塗料を用いた外壁塗装はおすすめです。

*補助制度を受けられる可能性がある

遮熱塗料を用いた外壁塗装では、地球環境保護関連で補助制度を受けられる可能性があります。
受けられる補助制度は、遮熱塗料の性能や地域によって異なるので、地元の業者に相談しましょう。

 

□家に遮熱塗料を使うデメリットとは?

*塗装が難しい

遮熱塗料は特殊な塗料のため、塗装が難しいと言われています。
遮熱塗料を用いた外壁塗装をするときは、失敗しないように実績がある業者に頼みましょう。

*色調整ができない

遮熱塗料は、光の反射率を抑えるように顔料の量を調整して作られています。
顔料は、塗料やゴムの着色に用いる粉末です。
そのため、普通の塗料のように細かい色調整ができません。
しかし、いくつかの色からは選べます。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の際に選ぶ遮熱塗料のメリットとデメリットについてご紹介しました。
遮熱塗料には多くのメリットがあります。
また、「塗装が難しい」「色調整ができない」というデメリットもありますが、信頼できる業者に任せれば特に問題はありません。
今回ご紹介した内容を参考にして、遮熱塗料を用いた外壁塗装を業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
当社には、外壁塗装や屋根塗装に関しての知識と実績が豊富なスタッフが多数在籍しています。
外壁塗装や屋根塗装で何か分からないことがある方は、お気軽に当社までお問い合わせください。