外壁

神奈川の外壁塗装代行業者が、外壁の変色の原因についてご紹介します!

「家の壁の色が変わっている。何が原因なのだろうか?」
このような悩みをお抱えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁の変色の原因と対策についてご紹介していきます。

 

□外壁の変色の原因

家の外壁が黄ばんでいたり、元の色がだんだんと失われてはいないでしょうか。
それらは、外壁の劣化のサインです。
では、外壁が変色し劣化している原因をご紹介します。

*紫外線

太陽の紫外線は、外壁の変色の最大の原因です。
紫外線によって外壁の表面の塗膜が劣化し、変色や色あせを引き起こします。

*カビ・コケ

外壁にコケやカビが生えることで、変色や外壁の劣化を招きます。
紫外線が当たらない日陰にある外壁に生えやすいので、注意が必要です。

*雨風

雨は微弱な酸性を持った水です。
酸性の水が外壁に当たり続けることで、外壁や塗料の劣化の原因となります。
また風雨であれば、より劣化の進行速度は早くなります。

 

□外壁の変色の対処方法

外壁を変色から守る対処方法には、「変色・汚れに強い外壁塗料を塗る」、「定期的に掃除する」といった方法があります。
それぞれについて詳しくご紹介します。

*変色・汚れに強い外壁塗料を塗る

科学の進化により、塗料の性能もますます向上しています。
「光触媒塗料」という塗料は、紫外線を受けることによって汚れを分解・除去する性質を持った塗料です。
また、汚れが浮きやすくなるので、雨によって外壁を自動的に洗浄できるメリットがあります。
「低汚染塗料」という塗料は、特殊なコーティングを塗料に施し耐久性を向上させた塗料です。
汚れに強いことはもちろん、外壁自体の耐久性も向上できる優れた塗料です。

*定期的に掃除する

定期的に掃除することも、外壁を変色から守るうえで効果的な方法です。
掃除するときのポイントは、柔らかいブラシでこすることです。
柔らかいブラシで、できるだけ傷つけないように外壁を掃除してください。
また、水洗いも効果的です。
ホースによる水洗いだけでなく、高圧洗浄やバイオ洗浄をすることで、カビ・コケの繁殖を防ぐことも可能です。
半年に1回ほどのペースで、外壁を掃除することをおすすめします。

 

□まとめ

外壁の変色の原因と対策についてご紹介しました。
当社は、今回ご紹介した外壁の変色に限らず、チョーキングと呼ばれる劣化現象や、壁面のヒビ割れなど、お客様の「困った」にすぐ駆けつけます。
相模原市の外壁塗装は、ぜひ当社にお任せください。
お客様のご相談を、お待ちしております。