O様(相模原市緑区)フルリフォーム

今回、リフォームをされたきっかけは何ですか?

ご主人
「リビングを広くしたかったし、畳も老朽化で替えなかければと思っていました。2年くらい前に定年を機にリフォームは考えていました。具体的にどうするかは決めていなかったけれども、定年といったのがきっかけですかね。」

うちに工事を依頼するまでに迷ったことは何ですか?

ご主人
「業者選びでは図書館へ行って本を読んだりして、業者選びのポイントだとか  勉強しました。井上さんに会うまでに、3~4ヶ月は迷っていました。今までに色々な業者にお願いしてきたのですが、アフターフォローだとか、1,2年で壊れたとか、工事している最中もあまり良い印象が無かったんです。
前回依頼した業者はいいかげんというか、打合せが出来ていないというかがありました。こちらでお願いしたことが、営業を通じて工務に行き届いていないとか、職人さんが現場に来たけれど作業しないで、2~3時間も電話をしているとかがありました。ですので、大手にお願いしようかとも考えましたが、大手も結局は下請けを使う訳ですから、依頼したことが実際に職人さんに伝わっていくか気になったところですね。営業マンが現場に見に来ても結局は商売になっていて、すぐにやりますよと言っても、なかなか来てくれないとか。お金を早く払って!と言われたので、お金を払っても、2~3週間も連絡が無くて、こちらから連絡を入れて1ヶ月ぐらい経ってようやく来て、ちょこちょこっとやって「これで良いですか?」で終わらせてしまう。そんな経験が何度かありました。」

井上
「ちなみに、うちの工事はどうでしたか?」

ご主人
「連絡が行き渡っていて、要所要所で職人さんが入れ替わって、遊んでいる職人さんはいないなと感じました。お願いしたこともキチンっとやって頂いている、時間も朝から守られている。担当されている方との連携も上手くされているので、チームで仕事をされているなと実感しましたね。」

工事を依頼する決め手は何ですか?

ご主人
「井上さんが毎週打合せに来て頂いて、話を進めていく中で、こちらの要望を正面から聞いていただいた点と、我々は素人なので、分からい事も打合せの中で教えて頂いて、慌てさせることも無く、こちらの考える時間を取って頂いたというか、ゆっくり落ち着いて進められたというのが決め手ですかね。」

実際に工事が始まってみるとどうでした?

ご主人
「最初はどうなるか不安はありましたが、養生されているときに気を使いながらされていたし、予定では2階に引っ越しするタイミングがもっと早かったのを遅らせて頂いて、気を使っていただいているなと感じました。
進捗状況も連絡を頂けたので、こちらとしてはありがたかったですね。
そういった連絡を頂けたことで、不安も無くなってきた感じですね。こちらでお願いしていた点も話を聞けたので良かった点です。
引っ越しをして工事を依頼することもできますが、今回は住みながらのリフォームだったので、工事の進捗だとか、分からい点などもすぐに確認できたのでその辺は、住みながらの工事で良かったと思いますね。」

奥さん
「最初はストレスが溜まるかと思っていましたが、実際に始まってみるとそうでも無かったですね。」

井上
「それほど、ストレスを感じなかったということですね?」

奥さん
「食事の実際に支度もしなくて済んだので良かったです。(笑)」

井上
「良かった点もあったということでね。(笑)」

一番良かったことは何ですか?

ご主人
「お風呂や部屋も綺麗になったし、間取りも変わって、部屋のイメージを変わって広く感じるようになりました。ドアも高くなって空間もできたので、広くなったと実感はありますね。」

奥さん
「洗面室のドアの開き勝手が変わったので、凄く広くなった感じがしますね。 台所は動きにまだ慣れていないのですが、使い勝手は良いですよ。」

ご家族の方は何と言っていましたか?

奥さん
「うちは男の子なので、特に口に出しては言ってないですね。」

ご主人
「口には出していないですが、きっと広くなったと感じていると思いますよ。 一緒に食事をしていても、気持ちに余裕が出てきた感じがしますよ。」

井上
「お嫁にいった娘さんは見られましたか?」

ご主人
「一度、まだ片付いていない状態できましたが、そんなにゆっくりは見ていかなかったですね。来月また来ますので・・・。」

井上
「またその時の様子をお聞かせください。以上でインタビューは終わりです。ありがとうございました。」

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA